FAQ よくあるご質問

Q 全く解析をしたことが無いのですが、解析結果の内容を理解することができるのでしょうか?
A 試験結果を見るような感覚でご理解できるような報告書を作成します。もし、報告書にCAE解析の専門用語を使用する場合は、注釈を入れてご説明します。
Q 提案書作成などの成約前までの作業は、本当に無償なのでしょうか?
A 無償で行います。
Q 製品の対策構造も検討してほしいのですが。
A 可能です。製品の性能目標(強度、剛性、重量など)をご提示ください。また、製品の生産要件などの制約条件がありましたら、ご提示ください。これも考慮して検討します。
Q 試験方法も立案してもらえるのか?
A 可能です。過去の委託業務において実験部署からこのような依頼を受けた経験があります。最適な荷重(またはストローク)、インパクタ重量、拘束箇所、治具形状、計測位置などを立案します。必要に応じて、お客様の試験設備やデバイスなどの情報のご提示をお願いする場合があります。
Q 中間報告で解析結果も見せてほしいのですが?
A 可能です。中間報告の内容について事前にご要望いただければ、それに沿った形でご報告を行います。解析結果のアニメーションなどもご覧いただけます。
Q 受託業務で新しい解析技術を開発した後で、うまく社内展開できるかどうか不安なのですが?
A 納品物に技術報告書の作成を含めます。この報告書は解析マニュアルとしてお使いいただけますので、社内展開資料としてご利用ください。さらに、お客様の解析技術者向けに導入教育を行うことも可能です。
Q 試験結果を再現する解析モデル(コリレーションモデル)を作成してほしいのですが。
A 可能ですが、コリレーションモデルの作成において留意するポイントがあります。
 1)実用的な計算時間で解析できること
 2)実際に発生している現象・挙動を再現していること
試験結果のある測定値を再現しているだけでは意味がありません。実際に発生している現象・挙動を再現していること、つまり定性的なコリレーションが出来ていることが製品開発に役立つ解析モデルの条件になります。
Q 現在開発中の製品について、構造や板厚をいろいろと変えた際の性能値(強度、剛性など)の変化傾向を評価するような解析(パラメータ・スタディ)を行いたいのですが、可能でしょうか?
A 可能です。ベースモデルとしてコリレーションモデルを使用します。

上記回答で解決しないという方は、お問合せフォームよりご質問を受付けていますので、お気軽にお問合せ下さい。尚、回答には数日要することもございますので、ご了承願います。
お問合せフォーム

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ