CAE技術の高度化と使いやすさの協調をめざして


「 LS-DYNA & JMAGユーザー会議2004 」は終了いたしました。
開催レポート >>




お客様各位

弊社では今年も「LS-DYNA&JMAGユーザー会議」を開催するはこびとなりました。

社会の関心が企業の環境問題への対応や安全性の向上にむけた取り組みなどへ向かう中にあって、今日の製造業においては「もの作り」に対する社会的責任が厳しく問われる状況となりつつあります。そのような背景の中でますます複雑化、高度化する製品設計への要求に応えるべく、CAE技術もよりいっそう高度なものが求められるようになっています。しかしその一方でCAEに対し、CADの世界とのより緊密なリンクといった「使いやすさ」も同時に求められていることも事実です。

そこで今回のユーザー会議では主要テーマを「CAE技術の高度化と使いやすさの協調をめざして」といたしました。多領域にまたがる複雑な解析技術とイージーオペレーションの調和をめざした、弊社よりのご提案をご紹介させていただきます。さらに今回も国内外の第一線でご活躍中の学識者、技術者の皆様をお招きし、最新のトピックスやユニークなCAEの活用などに関するご講演ならびに事例発表を戴くこととなりました。

ご多忙中のところ誠に恐縮ではありますが、多くの皆様方のご参加を賜りますよう心よりお待ち申し上げております。



株式会社日本総合研究所
エンジニアリング事業本部
執行役員 事業本部長 土井平太郎




 LS-DYNA&JMAGユーザー会議2004 開催概要

主催 株式会社日本総合研究所
日程 2004年9月21日(火)・22日(水)
会場 赤坂プリンスホテル

〒102-8585
東京都千代田区紀尾井町1-2
TEL:03-3234-1111
参加費用 ユーザー様:無料
一般:52,500円(消費税等込み)
プログラム LS-DYNA会議プログラム
JMAG会議プログラム
展示会 出展企業一覧
お問い合わせ 株式会社日本総研ソリューションズ
エンジニアリング本部
E-mail:cae-info@sci.jsol.co.jp

「 LS-DYNA & JMAGユーザー会議2004 」は終了いたしました。
開催レポート >>



ページトップへ戻る