顧客事例

顧客事例

1ページ目 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目へ 6ページ目へ 次のページへ

株式会社三和化学研究所様導入事例

三和化学研究所(本社・名古屋市)は、糖尿病関連の医薬品で知られる医薬品メーカー。医療費抑制に伴う薬価の低下などで経営環境が厳しさをますなかで取り組んだのが「マネジメントポータル構築プロジェクト」でした。独立した4つの主要システムのデータを、JSOLが提供するデータ集約・一元化ソリューション「J'sPATTO」で統合。分散していたデータが統合されることで、「全社が統一した経営指標で管理したり、業務を見直せたりする"見える化基盤"」が実現しました。

データが連携していないを解消する「マネージメントポータル構築プロジェクト」


 1953年創業の三和化学研究所は、特に糖尿病分野での医薬品、診断薬、ヘルスケア製品で知られています。医薬品では、糖尿病食後過血糖改善剤「セイブル錠」、選択的DPP-4阻害剤*1 「スイニー錠」の他、痛風・高尿酸血症治療剤「ウリアデック錠」の3製品が主力になっています。
 特にスイニー錠は、1日2回の投与で血糖値の上昇をより強く抑えられる特性と、セイブル錠との併用によって24時間にわたり良質な血糖コントロールができることにより医療現場から高い信頼を得ています。
 今後も、糖尿病合併症や腎臓・透析領域で開発範囲を広げており、毎年、新しい医薬品を上市できるパイプラインを整えています。また後発医薬品市場が急拡大しているなかで、独創的な製剤技術である「OSDrC」*2 をバネに、受託製造と後発医薬品の高付加価値化にも取り組んでいます。

 厳しい競争に立ち向かいながら事業発展のペースを加速させる際に、1つの大きなネックがITシステムのなかにありました。システム間のデータ連携ができていなかったのです。同社には4つの主要なシステム情報源があります。つまり、
  • (1)基幹システム=品目別売上高や売上原価、経費、予算や実績を扱うシステム
  • (2)実消化システム=卸から医療機関や薬局に実際に販売された額を基にした売上高やMR(医療情報担当者)別の実績、施設別や地域別実績を扱うシステム
  • (3)SFAシステム=営業担当者支援のシステムで医師別の訪問実績情報、医師の属性情報を扱うシステム
  • (4)社外情報=品目別の市場シェアなど第三者機関が提供する関連情報
です。
 しかしながら4つのシステム情報源は独立・分散しており、各種の行動分析や業績分析、経営管理に資するデータを得ようとすると、それぞれのシステムからデータを抜き出し、表計算ソフトをベースにまとめなければならない状態が続いていました。
 例えば、製薬会社から卸に販売された額である「送り売上高」のデータは基幹システムにあり、卸が実際に医療機関や薬局に販売した額である「消化売上高」のデータは実消化システムにあります。「Aという医薬品の、市場での本当の評価はどのようなものであり、送りと消化で乖離がないか実態を知りたい」とすると2つのシステムからデータを取り出し、表計算ソフトなどで分析しなければなりませんでした。

 その結果、データはあるものの縦横に活用できていないことが、各部門にボディーブローが効くように課題を蓄積させていました。
 営業部門では、「データ活用が個人技の世界に留まっているため取り組み方にばらつきがあり、それがチームリーダーによるMRの育成力の差にまでなっていました。MRチームとしてのPDCAサイクルも弱まり、結果的にMR力の停滞につながっていました」(大内徹・営業本部営業企画部長)
 経営管理部門では、「経営会議のための資料作成に時間がかかり、気づきや未来予測につながるような経営管理の視点に基づいた十分な分析ができずにいました。支店やMRチームがどれぐらいデータを活用しているかの違いをベースにした経費の妥当性や売上効果などの分析を十分に行えないでいたのです」(澤井健・経営管理部予算統括グループ主査)
 さらにIT部門では、「システム間の情報連携が不十分なために、営業部門の業績向上を支援できるような情報提供の仕組みを用意できていませんでした。分析ツールはたくさん用意していましたが、運用変更への対応の困難さが増すばかりの状況にありました」(高瀬良幸・システム開発部長)

株式会社三和化学研究所 営業本部 営業企画部長 大内 徹 氏 株式会社三和化学研究所 経営管理部 予算統括グループ 主査 澤井 健 氏 株式会社三和化学研究所 システム開発部長 高瀬 良幸 氏

 こうした事態を解消するために取り組まれたのが、4つのシステムのデータを集約・一元化して活用するための「マネジメントポータル構築プロジェクト」です。


*1 DPP-4阻害剤 インスリンの分泌を促進するホルモンを分解する酵素(DPP-4)を選択的に阻害し、インスリン分泌を促進することにより血糖を降下させる薬剤

*2 OSDrC(One-Step Dry-Coating) ワンステップで有核錠の製造を可能にするロータリー打錠機を使い、内核を2つ持つような分割有核錠や新配合剤など付加価値の高い製剤を設計・製造できる技術


プロジェクト目標
プロジェクト目標

どのデータが、どのような経営視点を育てるのか?シナリオ検証が最初の大きな任務に→

(2017年02月現在)


WebFOCUSはInformation Builders, Inc.の商標または登録商標です。
QlikViewは、QlikTech International ABの商標または登録商標です。
本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連記事
- ニュースリリース:2016年07月08日
グローバルB2B2Bクラウドサービス提供開始
〜Salesforceを活用したリアルタイム情報連携クラウドサービス(J's Info Hub)〜

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL 西日本ビジネス事業部 東海営業グループ
TEL:052-203-5501 FAX:052-203-5644
E-Mail: rfi@jsol.co.jp

PDF版はこちらからPDF
1ページ目 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目へ 6ページ目へ 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新の事例

日清オイリオグループ会部式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。