会社情報

ニュースリリース


(お知らせ)
2016年11月11日

株式会社JSOL
FISC安全対策基準適合に係るアセスメントサービスを開始
〜Google Cloud Platform におけるシステムの効率的導入が可能に〜
 株式会社JSOL(代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)は、Google が提供する「Google Cloud Platform」のセキュリティーアセスメントを実施し、Google Cloud Platform が財団法人金融情報システムセンター(以下「FISC」)の「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」(以下「FISC安全対策基準」)に適合可能であると評価しました。そしてこのたび、このセキュリティーアセスメントに係るノウハウを体系化し、Google Cloud Platform にシステムを構築する場合におけるセキュリティーアセスメントサービス(以下「本サービス」)として、2016年11月11日より提供開始します。

 「Google Cloud Platform」でシステムを構築する場合、Google Cloud Platform が提供する機能とFISC安全対策基準の適合性評価といったセキュリティーアセスメントを個社ごとに実施する必要があります。同基準には、Google Cloud Platform 上にシステム構築をする際のセキュリティー対策として、すでに Google Cloud Platform の機能で充足している項目と、企業の責任において個別に対応すべき項目があります。
 本サービスは両者の分類を行い、同基準に適合するために企業が実施すべき対応を体系的に整理します。本サービスを利用することにより、Google Cloud Platform でシステムを構築する企業はFISC安全対策基準の適合性評価に係る作業を省力化できるため、導入までの期間を短縮でき、これに係るコストの削減を図ることが可能になります。

【背景】
 現在、パブリッククラウドの経済および将来優位性は広く認識されてきましたが、情報セキュリティーの検討に大きな負担が発生しており、普及を阻害する要因となっています。
 そこでJSOLはこの課題解決に向けた検討を重ね、FISC安全対策基準の各項目と Google Cloud Platform が提供する各種機能の適合性の評価を実施し、そのノウハウを集約してサービスとして提供することとしました。

【今後について】
 JSOLは、本サービスを Google Cloud Platform でシステム構築を実施する企業向けに提供することで、導入に係る企業側の労力の削減とスピード化を図るとともに、金融機関に加えセキュリティーへの要求が厳しい企業のシステムにおいて Google Cloud Platform の活用が一層普及することを目指します。



本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

【ご照会先】

一般のお客様
株式会社JSOL 金融・公共ビジネス事業部 中島
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

報道関係者様
株式会社JSOL コーポレートマネジメント部 新開
TEL:090-4847-3065 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。