ソリューション

ソリューション

SAPアップグレードソリューション

SAP ERPのアップグレードは、「パッケージ・ソフトのサポート期限到来」という理由だけでは投資効果が測りにくいため、社内での予算化が難しく、また予算化できたとしてもソフトのアップグレードにばかり気を取られると、現システムの課題を見直す機会を逃すことにもなりかねません。
JSOLではこれまでの実績から蓄積されたノウハウをもとに、これまでお客様がSAPを活用されてきた中での課題やご要望を踏まえたアップグレード計画の策定し、その実行までトータルに支援します。当社独自ツールを利用したアセスメントをご利用いただくことで、短期間、正確にアップグレード実施時の影響を調査することが可能です。

ソリューション内容・手法

SAPのサポート期限が迫っているものの、単にSAPのアップグレードを行ない、アドオンしていた部分を標準プログラムに置き換えただけでは、費用対効果が薄く、経営層の納得が得られにくい、しかし一方で、SAPを継続利用する以上、SAPをアップグレードをしなければならないというジレンマに陥られているお客様は少なくありません。

SAPアップグレードにおいて費用対効果を得るためには、サポート切れに加え、ハードウェアの保守切れ・更新やIFRSへの対応、業務やシステム全体の見直しといった内外の課題、要件を踏まえた上で計画化することが重要です。JSOLは、これらを踏まえたうえで、ビジネスを途切れることなく継続できる、短期間かつ現実的なプロジェクト計画を提案し、着実に実行します。またアップグレードを機に運用コスト削減ができるシステム基盤を提案し、TCO削減にも寄与するプロジェクトとします。その他周辺システムのアップグレード・リプレースやマイグレーションも合わせて実施することが可能です。

アップグレード・アセスメント

  • JSOLの独自診断ツールを使い、短期間でアップグレードに関わる計画を策定します。
  • 現行SAPから新バージョンへ移行する際の修正ポイントを洗い出します。
  • アップグレード方法の検討とアップグレード全体計画を作成します。
アップグレード・アセスメント 図説 

特徴

  • 独自ツールを使った短期間の影響調査の実施
  • 確立された方法論による短期間でのアップグレード・プロジェクトの推進
  • ハードウェアの仮想化、HaaS基盤を活用し、TCO削減に加え、パフォーマンスの向上

対象業種

  • 全業種

実績

業種:医薬業
C社様

プロジェクト名称

SAPアップグレード・プロジェクト

導入背景・狙い

SAPアップグレードにより基幹システムの基盤再構築を実施。業務効率化とマネジメント強化サポートに対応できる基幹システムへの変革基盤を実現。

導入内容・特徴

  • SAP 4.6CからSAP ERP6.0へのアップグレードと、サーバーOSのUnixからWindowsへのマイグレーションを同時に実施。
  • APO、XI、SEM(連結会計)の新規導入。
業種:医薬業
B社様

プロジェクト名称

SAPアップグレード・プロジェクト

導入背景・狙い

基幹業務の信頼性保証を今後も担保すると共に、システムのコスト・パフォーマンスを向上。

導入内容・特徴

  • 国内事例の少ないAPO,BWの同時アップグレードを実施。
  • 仮想化への取組:更新対象サーバー全てについて、仮想化適否判断・最適配置。
  • アップグレードと最新ハードウェア導入により、パフォーマンスが大幅に向上。
  • 現行システムとの照合をベースとした高品質なテスト推進・ICT統制への要求事項にも対応。
業種:医薬業
A社様

プロジェクト名称

SAPアップグレード・プロジェクト

導入背景・狙い

SAPアップグレードにより基幹システムの基盤再構築を実施。業務効率化とマネジメント強化サポートに対応できる基幹システムへの変革基盤を実現。

導入内容・特徴

  • SAP 4.6CからSAP ERP6.0へのアップグレードとサーバーOSをUnixからWindows2003Serverへのマイグレーションを同時に実施。
  • データベースをOracleからSQL-Server2005へ変更する。
業種:医薬業
D社様

プロジェクト名称

SAPアップグレード・プロジェクト

導入背景・狙い

SAPアップグレードにより基幹システムの基盤再構築を実施し、業務効率化とマネジメント強化サポートに対応できる基幹システムへの変革基盤を実現。

導入内容・特徴

  • プロジェクト期間:7ヶ月
  • SAP 4.6CからSAP ERP6.0へのアップグレードと、サーバーOSのUnixからWindows2003へのマイグレーションおよびユニコード変換を同時に実施。
業種:医薬業
E社様

プロジェクト名称

SAPアップグレード・プロジェクト

導入背景・狙い

SAPアップグレードにより基幹システムの基盤再構築を実施し、業務効率化とマネジメント強化サポートに対応できる基幹システムへの変革基盤を実現。

導入内容・特徴

  • アセスメントフェーズから担当
  • IFRS対応を容易にするためnewGLの検討
  • SAP 4.7EnterpriseからSAP ERP6.0への(償却エンジンを含めた)アップグレードと、サーバーOSのUnixからWindows2003へのマイグレーションおよびユニコード変換を同時に実施。

関連リンク

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

ソリューションのお問い合わせ 株式会社JSOL 製造ビジネス事業部 TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033 MAIL:rfi@jsol.co.jp

最新の顧客事例

株式会社三和化学研究所様導入事例

マネジメントポータル構築

注目のソリューション

システム共通基盤ソリューション(intra-mart)

短納期・低コスト開発、および標準化の推進・品質向上によるIT投資の効率化を可能とするソリューションを提供します。

IFRS対応ソリューション

制度対応を優先した守りの対応から、グループ経営管理の高度化を目指した攻めの対応まで、JSOLでは、業務ノウハウを熟知したメンバーが、お客様を支援します。

ERP導入クイック・アセスメント

JSOLは豊富なERP導入実績に基づき、短期間で経営戦略の実現を加速するシステム化構想の策定を支援します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。