Last Updated 2005-11-24

 LS-DYNA Users Week 2005 スペシャルセミナー

 弊社ではユーザー会議にあわせ、毎年海外から著名なCAEコンサルタントを招聘し、LS-DYNAの応用に関する分野ごとの高度なトレーニングセミナーを「LS-DYNAスペシャルセミナー」と題して開催し、好評を博してまいりました。

 今年もユーザー様から寄せられた多くのリクエストを参考として、ユーザー会議に引き続き、スペシャルセミナー4コースを開催することといたしました。なお今回は各セミナーともユーザー会議開催地である名古屋にて開催させていただきます。

 毎年開催しておりますPaul Du Bois氏による「衝突解析のためのLS-DYNAアドバンスト ・トレーニングコース」は衝突解析のエッセンスが集約された非常に充実したセミナーであり、ご好評にお応えして今年も開催いたします。

 さらに今回はユーザー様から特にご要望の高かった分野の中から流体構造連成解析およびLS-DYNA陰解法に関するセミナーを実施いたします。通常は海外で実施されているセミナーを日本国内で受講することができますので、ぜひこの機会をご利用ください。

 また乗員安全解析の分野に関しては、最近急速に需要が高まりつつあるFEダミーモデルに関するトレーニングコースをタイムリーに設定いたしました。実機ダミーおよびFEダミーモデル開発元であるFTSS社のCAE技術責任者Bhavik Shar氏をお招きしての実技をともなうセミナーとなります。このセミナーは1日コースであり、同一内容のものを2日間行ないますのでユーザー様のご都合にあわせた日程でご参加いただけます。

 スペシャルセミナーは毎回多数のお問い合わせをいただいており、今回も定員に達することが予想されます。各セミナーとも締め切り日前であっても定員に達し次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。

各コースタイトルをクリックすると詳細をご覧いただけます。

コース 日程 定員 費用
衝突解析のためのLS-DYNAアドバンスト ・トレーニングコース 2005年12月1〜2日 10名 \105,000
LS-DYNAを使用した流体解析/流体構造連成解析トレーニングコース 2005年12月1〜2日 10名 \105,000
LS-DYNA陰解法トレーニングコース 2005年12月1〜2日 10名 \105,000
衝突解析のためのFEダミーモデルトレーニングコース 2005年12月2日 6名 \52,500


お申し込み受付は締め切らせていただきました。
多数のお申し込み、ありがとうございました。

最少開催人数
開催中止について
お申し込みが2名に満たない場合は中止させていただく場合がございます。また、講師の急病、事故、交通機関のストライキ、台風や地震等のため、やむを得ず休講することがあります。予めご了承ください。その際は改めてご連絡申し上げます。
キャンセルについて 準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催初日の3日前までとさせていただきます。2日前以降の取り消し、ご連絡無き欠席の場合には弊社所定のキャンセル料もしくは参加費全額をご請求させていただくことがございますので予めご了承ください。

お問い合せ 株式会社日本総合研究所 エンジニアリング事業本部
セミナー事務局
メールアドレス:cae-info@sci.jsol.co.jp


ページトップへ戻る