LS-DYNA Users Week 2007
Last Updated 2007-10-31



衝撃・車両衝突解析コース



 車両開発では数値シミュレーションは必須のものとなってきており、設計上の判断を行うためのシミュレーションの重要性も増してきています。本セミナーでは高品質な車両のモデル化手法を中心として、数値計算の精度を疎外する要因とそれを回避するためのテクニックが紹介されます。また金属材料だけでなく、近年適用範囲が拡大しているプラスチック材料について、実験によるその特性の信頼性の高い測定方法および実験データに基づく材料物性入力データの作成方法についても詳しく紹介されます。さらに解析結果に大きな影響を与えるコンタクト定義について、その基本的なロジックをタイプごとに詳細に比較し、効率的で的確なコンタクト定義の指針を示します。

 本セミナーは車両衝突を主な対象として取り上げていますが、LS-DYNAを使いこなすための高度なテクニックは一般的な衝撃問題、落下問題にも幅広く応用することができますので、様々な製品開発にかかわるCAEエンジニアの方々に充分満足していただける内容となっています。


◆講師略歴◆

Paul Du Bois氏
1987年より、製造産業における大規模数値シミュレーションの分野において、独立コンサルタントとして活動を始める。特に車両衝突安全および衝撃問題の専門家として活躍している。主要顧客はダイムラークライスラー、GM、フォード、ポルシェ、ボルボ、トヨタ、ルノー、日産、ホンダ、現代など自動車関連を中心に多数。最近のプロジェクトとしてはダイムラークライスラーとのコラボレーションによるプラスチック材料、ゴム、フォーム材のモデル化およびシミュレーションなど。
1992年から1997年までドイツFAT内の「サイドインパクトダミー」WG、1996年から今日まで「フォーム材料」WGに参加。また2004年より技術コンサルタントとして米国NASAの「スペースシャトル飛行再開」プロジェクトに参加。「LS-DYNAによる衝突安全工学」トレーニングセミナー講師。セミナーテキストはLSTC社より発行されている(2004年初版、2006年改訂版)。米国、日本、ドイツ、フランス、スカンジナビア諸国など世界各国において年7〜8回のセミナーを開催している。



[ 開催概要 ]
主催 株式会社日本総研ソリューションズ
日 程 2007年11月5日(月)、6日(火)
時 間 9:30 〜 17:30 (受付 9:00〜)
会 場 弊社晴海オフィス セミナールーム

〒104-0053
東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル7F (MAP
TEL:03-5859-6020 FAX:03-5859-6035
定 員 10名
参加費用 \105,000- (消費税等込み、昼食込み)
申込み締切 2007年10月24日(水) ※定員に達した場合は締切らせていただきます。
対象者 様々な製品開発にかかわるCAEエンジニア
1年程度の経験のあるCAEエンジニア、及びCAE部門のマネジャー
セミナー内容
<1日目>
1. 車両モデリング
  1)メッシュ作成の指針
  2) ポット溶接定義
  3) ラバーブッシュ、コンポーネント質量定義
2. メッシュの品質保証および数値減衰、数値ノイズの取り扱い

<2日目>
3. コンタクト
  1) マスター/スレーブアルゴリズム
  2) シングルサーフェースアルゴリズム
  3) セグメントベースアルゴリズム
4. 金属およびプラスチック用材料データの計測方法・入力データの同定

注意事項
  • 講義は英語で行われます。
  • 英語及び技術面での補佐として弊社がサポートしますが、英語通訳者はつきません。
  • 本講義で使用されたテキスト/例題等の提供は参加された方に限らせていただきます。

お申込み受付は、締め切らせていただきました。


[ 最少開催人数/開催中止について ]
お申し込みが2名に満たない場合は中止させていただく場合がございます。
また、講師の急病、事故、交通機関のストライキ、台風や地震等のため、やむを得ず休講することがあります。予めご了承ください。その際は改めてご連絡申し上げます。

[ キャンセルについて ]
準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催初日の3日前までとさせていただきます。
2日前以降の取り消し、ご連絡無き欠席の場合には弊社所定のキャンセル料もしくは参加費全額をご請求させていただくことがございますので予めご了承ください。

【 注意 】
・ 本セミナーは事前登録制です。
・ プログラムの内容は、予告なく変更する場合がございますのであらかじめご了承ください。
・ 同業他社及びその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

[ お問い合せ ]
株式会社日本総研ソリューションズ エンジニアリング本部
セミナー事務局
メールアドレス:cae-info@sci.jsol.co.jp

ページトップへ戻る