Last Updated 2005-12-05


「JMAG Users Week 2005」および「LS-DYNA Users Week 2005」 開催のご案内
お客様各位

 弊社では、この度「JMAG Users Week 2005」および「LS-DYNA Users Week 2005」を開催する運びとなりましたのでご案内申し上げます。

 近年は、環境問題、エネルギー問題、安全性等、社会から「ものづくり」に対する要求は厳しく多岐にわたり、また、高度化、複雑化しております。そのような社会的要求に応える製品開発をされているユーザー様におかれましては、CAEツールに対して精度・機能向上が大きな要求事項となっており、また一方で、より簡単に、より使い易いCAEツールが要求されております。このような状況において、CAEベンダーである私共日本総研は、ユーザー様のCAEツールに対するご要求を理解し、そのソリューションをユーザー様にご提供する場として「LS-DYNA&JMAG Users Week 2005」を開催したいと考えております。

 今回はLS-DYNAとJMAGのニーズによりマッチした内容とするため、各々独立したものとして開催することとなりました。

 「JMAG Users Week 2005」は最新の電磁界解析の動向、ユーザー様の最新解析事例に加え、JMAGの使用法説明セッション、モーター設計のためのツール、制御、最適化のスペシャルセミナーを3日間にわたって開催いたします。

 「LS-DYNA Users Week 2005」は開催期間を4日間とし、LS-DYNAの最新情報をお伝えするとともに、LSTC社、FTSS社が米国等で実施しておりますトレーニングプログラムをスペシャルセミナーとして実施いたします。また、より専門的な情報提供ができるように解析適応事例セッションを「機能設計」と「生産設計」に分けて開催いたします。

 このように、本年は従来とは少し趣を変えた内容での開催予定となっておりますが、例年にも増してユーザー様のご要求にこたえるべく充実したものにしていきたいと考えております。

 ご多忙中のところ誠に恐縮ですが、多くの方々のご参加を賜りますよう心からお待ち申し上げております。
株式会社日本総合研究所
エンジニアリング事業本部
常務執行役員 事業本部長 土井平太郎



JMAG Users Week 2005

JMAG Users Week 2005 詳細


終了いたしました

開催レポートはこちら>>

LS-DYNA Users Week 2005

LS-DYNA Users Week 2005 詳細


終了いたしました

開催レポートはこちら>>


講演プログラムは各プロダクトの詳細をご覧ください。



ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ