プログラム

1日目:10月5日(水)  2日目:10月6日(木)  3日目:10月7日(金)

※プログラムの内容に関しましては、予告なく変更する場合がございますので
 あらかじめご了承ください。

10月5日(水):ユーザー会議1日目
9:30- 受付
10:00- 【基調講演】
2005モデル アコードハイブリッドの開発
株式会社 本田技術研究所 栃木研究所 AHRブロック
研究員 貝塚 正明氏
[日-英同時通訳]
10:45- Electromagnetic Modelling in Teaching and Research Projects at the University of Auckland
The University of Auckland Senior Lecturer
Dariusz Kacprzak氏
[英-日同時通訳]
11:25- 3D Design of Electrical Machines using JMAG-Studio
HOGANAS AB Master of Science Engineering Physics
Goran Nord氏
[英-日同時通訳]
12:05- 昼食
13:05- ビヘイビアモデルと回路シミュレータを用いたステッピングモータの動解析
三洋精密株式会社 技術企画部 技術企画課 宮崎 薫氏
(発表)株式会社日本総合研究所 成田 一行
13:35- アクチュエータ開発へのJMAG普及展開と事例の紹介
株式会社 ケーヒン 開発本部 第二研究部 要素研究課
渡辺 秀行氏、飯盛 貴之氏
14:05- JMAG-Studioによる高周波デバイス解析事例
 〜ICタグおよび高周波分配器の特性評価〜

三重大学 工学部物理工学科
教授 竹尾 隆氏
14:35- 休憩
14:55- ロボットアクチュエータ開発におけるモータ連携解析の活用
ソニー株式会社 情報技術研究所 モーションダイナミクス研究部
係長 岸田 武夫氏
15:35- IPMモータRTビヘイビアモデルを用いた連携解析の実機比較-続報-
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 電機システム技術部
電磁機器グループ 主席研究員 都出 結花利氏
16:05- リアルタイムシミュレーション技術の現状と課題
富士通テン株式会社 事業本部 ソリューション事業部
事業部長 斗納 宏敏氏
17:00- 懇親会

10月6日(木):ユーザー会議2日目
9:30- 受付
10:00- JMAG開発計画
株式会社 日本総合研究所 山田 隆
[日-英同時通訳]
10:30- The SPEED Motor Design Software
SPEED Laboratory Software Engineering
Research Associate Malcolm Mc Gilp氏
[英-日同時通訳]
11:10- Design study for a 120 KW, 2000 rpm P.M. Alternator for an urban transit bus
Motorsoft Division of Fisher Electric Technology
President James Hendershot氏
[英-日同時通訳]
11:50- PSIM: An Expandable Dynamic Simulation Platform for Analysis and Design of Power Electronics and Motor Drive Systems
Powersim Inc.
President Hua Jin氏
[英-日同時通訳]
12:30- 昼食
14:00-
17:50
JMAG活用セッション:講師は全て株式会社日本総合研究所
1セッション30分間  途中休憩有り 3会場同時開催
会場A (定員80名) 会場B (定員80名) 会場C (定員80名)
新機能紹介 JMAG-Studioの効率的な使用方法 熱連成解析の方法
メッシュと精度 モータ設計に使えるツール パラメトリック解析
損失の計算方法 モータ設計でのJMAG-Studioの使用方法 EMC問題解析ソフトウェア「EMC Studio」のご紹介
インダクタンスの考え方 メッシャーの使い方およびトラブル時の対処法 圧電解析機能の紹介
反復計算の収束性 減磁の評価 JMAG-Studioと回路/制御シミュレーターとの連携
「JMAG-RTセミナー」
3Dモデリングの効果 事例から学ぶトラブルシューティング 磁界-構造連成解析使用方法

10月7日(金) :スペシャルセミナー
9:30- 受付
10:00-15:00 1セッション4時間 途中休憩有り
※スペシャルセミナーのテキストは各会場参加者のみへの配布となります。

会場A
(定員70名)
会場B
(定員70名)
会場C
(定員70名)
会場D
(定員15名)
10:00〜12:00 10:00〜15:00 10:00〜12:00 10:00〜15:00
PMモータのベクトル制御手法の基礎技術

横浜国立大学 工学部電子情報工学科 助教授 藤本 博志氏

多目的最適化の基礎と適用方法
modeFRONTIERの使用法及びJMAGとの連成方法

株式会社シーディー・アダプコ・ジャパン 複合解析技術室 課長 大谷 朝彦氏
メカ設計者のための電磁界解析入門

株式会社日本総合研究所
成田 一行
SPEEDソフト PC-BDC中心のハンズオンセミナー

有限会社モーションシステムテック
代表取締役 斎藤 守弘氏
13:00〜15:00 13:00〜15:00
PMモータのベクトル制御手法の実際

マイウェイ技研株式会社 システム開発グループ サブリーダー 大矢 寛氏
モータ設計者のための構造解析入門

株式会社日本総合研究所
鈴木 雄作


ページトップへ戻る