プログラム


1日目:9月19日(火)  2日目:9月20日(水)

※プログラムの内容は、予告なく変更する場合がございますのであらかじめご了承ください。

9月19日(火):ユーザー会議(1日目)
9:30- 受付
10:00- 開会挨拶
  全体セッション(1)
10:05- 【特別講演】
LS-DYNAの最新開発状況(1)
Livermore Software Technology Corporation (LSTC)
John O. Hallquist氏
10:35- 【基調講演】
LS-DYNAによる自動車の走行-衝突の連続シミュレーション
日産自動車株式会社
総合研究所 モビリティ研究所 
鳥垣 俊和氏
11:20- スプリングバック高精度シミュレーションのための材料モデルと最新解析技術
広島大学
大学院工学研究科機械システム工学専攻 
吉田 総仁氏
12:05- 昼食   ※展示会場にてPRセミナー開催
自動車技術セッション(1)安全技術 衝撃解析技術セッション
13:35- 自動車シート構造のCAE解析の現状と課題
トヨタ紡織株式会社
実験部 CAE技術室 
杉浦 保弘氏
ジェットエンジンの鳥吸い込み解析
石川島播磨重工業株式会社
航空宇宙事業本部 技術開発センター エンジン技術部 構造技術技グループ 
梶原 林太郎氏
14:05- エアバッグセンサ応答性評価方法へのCAE適用事例
三菱自動車工業株式会社
技術開発本部 デジタル技術部
粟野 正浩氏
再生紙クッションを含む包装落下シミュレーション
ソニー株式会社
設計技術センター
井戸 浩登氏
14:35- 車体衝突時の鋼板エッジ破断簡易評価手法の開発
トヨタ車体株式会社
CAE部 第1CAE室 小柳 公人氏
鋼板コンクリート版の飛翔体による破壊強度解析
株式会社テラバイト
丹羽 一邦氏
15:05- 休憩
自動車技術セッション(2)
バリア/ダミー/インパクター
生産技術セッション
15:35- シェル要素を用いたアルミハニカムモデル化手法の開発
トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
第3CAE技術部 第34解析室 2グループ
小島 茂樹氏
生産技術部門におけるCAE活用事例
株式会社ミツバ
生産技術部 
三田 智彦氏
16:05- Current Developments in Honeycomb Barrier Modelling
Ove Arup and Partners Limited
Ceng MIMechE
Richard Sturt氏
部分軟化アルミニウム合金板のプレス成形
名古屋市工業研究所
生産技術部 
西脇 武志氏
16:35- 自動車安全設計用FEモデルライブラリーのご紹介及び今後の開発計画
株式会社日本総研ソリューションズ
エンジニアリング本部 宮地 岳彦
セルフピアシングリベットによる高張力鋼板とアルミニウム合金板の接合の有限要素シミュレーション
豊橋技術科学大学
生産システム工学系 
森 謙一郎氏
17:05- シェル要素を用いた側面衝突用MDBモデルの開発
トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
第3CAE技術部 第34解析室 3グループ
高比良 与志樹氏
バウシンガー効果を考慮した材料モデルによるスプリングバック解析
新日本製鐵株式会社
技術開発本部 鉄鋼研究所 加工技術研究開発センター
磯貝 栄志氏
18:00- 懇親会


9月20日(水):ユーザー会議(2日目)
9:30- 受付
自動車技術セッション(3)
解析技術
複合領域セッション
10:00- LS-DYNA及びPRIMERソフトウェアを使用したソリッド要素のスポット溶接モデリング
Ove Arup and Partners Limited
Ceng MIMechE
Richard Sturt氏
LS-DYNAを用いた粘弾性解析
株式会社メカニカルデザイン
構造解析課 
藤川 正毅氏
10:30- バーチャルデジタイヤ二輪車版試用状況
ヤマハ発動機株式会社
コア技術研究部ビークルリサーチグループ 
藤井 茂氏
LS-DYNAによる流体構造連成手法とユーザー事例
株式会社日本総研ソリューションズ
11:00- スポンジ付タイヤ開発へのシミュレーション適用
SRI研究開発株式会社
情報研究部 
白石 正貴氏
CAEとCAOの統合技術を用いたプラスチック製品設計
住友化学株式会社
石油化学品研究所 
東川 芳晃氏
11:30- 昼食   ※展示会場にてPRセミナー開催
新技術セッション
13:00- 欧州における自動車の衝突安全技術の動向 ドイツで行われたSafetyUpdate 2006
EASi Engineering GmbH Rainer Hoffmann氏
株式会社アジルネットワーク 岡村 昌浩氏
13:45- 薄肉シェル構造の破壊、損傷シミュレーション及びLS-DYNAの最新機能の概説
Paul Du Bois氏
14:30- 日本総研ソリューションズのプロダクトと開発計画
株式会社日本総研ソリューションズ
エンジニアリング本部 林 公博
15:15- 休憩
全体セッション(2)
15:45- 【基調講演】
NASAにおけるコロンビア事故調査及び飛行再開実施計画を含む領域でのLS-DYNAの活用
NASA Glenn Research Center
Kelly Carney氏
16:30- 【特別講演】
LS-DYNAの最新開発状況(2)
Livermore Software Technology Corporation (LSTC)
John O. Hallquist氏
17:30- 閉会挨拶


※記載されている製品およびサービスの名称は、それぞれの所有者の商標または登録商標です。

ページトップへ戻る