顧客事例

顧客事例

1 2 3 4 次のページへ

福岡大学様導入事例 統合認証基盤の構築〜ITによる学生サービス向上の第一歩〜


1.プロジェクトの背景

少子化・全入時代を迎え競争激化。情報サービス強化が必須


学生数約2万人、職員数約3000人を超える西日本最大級の大学

少子化の影響から大学全入時代を迎えた今、大学は非常に激しい競争にさらされている。
大学・短大への進学希望者数と大学合格者の総数が一致するのが2007年。一部の私大・短大では既に定員割れなどに苦しむ状況が発生しており、有名私大も含めてさまざまな大学が、学生の獲得に向けて競争力強化に向けた戦略を練っている。

今回取材させていただいた福岡大学は、学生数約2万、職員数約3千と西日本最大級を誇る大学であるが、強みを活かし大学としての魅力を高める動きに余念は無い。
地下鉄の開通なども追い風となり、平成21年に向けた創立75周年記念事業として、校舎の建替えなどを進めている。
学生・教職員に向けた情報サービス強化もその大きな柱の一つだ。情報化計画全体で約50億円を投資し、21世紀の新たな大学像の確立を目指している。

システム・リプレースのタイミングで情報化基本構想立案を依頼


「今では75周年に向けた目玉の一つ」

情報化基本構想(グランドデザイン)の立案から始まった今回のプロジェクトについて、学内で旗振り役を務めた総合情報処理センターの吉村 賢治 教授と奥村 勝 助教授にお話を伺った。

「今回のプロジェクト自体の最初のきっかけは、事務系のシステムが載るサーバー機器の保守サポート切れだったんですよ。」旧型のハードウェアに多くのシステムが相乗りしたり、部門ごとにサーバーを立ち上げたりして、バラバラな環境の中、データのやり取りをするにも外部記憶媒体へ書き出して移し変えるなど、システム間の連携が取れてなかったという。

「サーバーだけを置き換えたのでは、この状況は改善しない。他のシステムのリプレース時期も調整して、一気に整備計画を進めよう!」この決断から、事態は大きく進展した。
情報化基本構想の立案を当時の日本総研に委託し、方向性が固まる頃には、折から進められていた創立75周年記念事業の目玉の一つとして全学を挙げた取り組みとなった。

情報の活用とスピードアップによって学生サービスの向上と教育や研究の充実、および法人としての運営効率化を目指す。その情報化基本構想の第一歩として、統合認証基盤の導入が位置付けられた。
福岡大学 教授 総合情報処理センター長 工学博士 吉村 賢治氏


2.抱えていた課題

セキュリティへの関心が高まる中、各システム毎にバラバラな状態


「パスワードを変えると大変!」

福岡大学 助教授 統合情報処理センター研究開発室長 情報工学博士 奥村 勝 氏 統合認証基盤を導入するまでの状況を奥村助教授に振り返っていただくと、「各システムでバラバラな状態だった」という。
最近ではセキュリティへの意識の高まりで、パスワードは頻繁に更新するのが当たり前になっているが、以前は、「パスワードを変えると大変」という声も聞かれ、一部では同じパスワードがずっと使われているような状況だったという。

それまでは、8つのシステムがそれぞれ個別にID・パスワードを発行していた。一部ではIDを共通の番号としていたが、パスワードは連動していなかったので、一ヵ所だけパスワードを変更すると、バラバラになってしまう。このため、利用者のほとんどがID・パスワードを覚えられず、中には学生証に書き込んでいる姿も見られた。このような不便な状況であったため、運営側としてもパスワードの変更を強制することが難しく、危機感を抱いていた。

イメージ図


運用負担の高まりから、統合認証導入は最優先の課題へ

これまでは、入学時の新規登録や卒業時のユーザー削除など、大量処理では部門間でリストのやり取りに大変な労力が割かれていた。
システム企画を担当する総合情報処理センターのスタッフもローテーションがあり、せっかく運用手順を覚えても異動などで定着が進まなかった。
こういった状況から、情報化基本構想の中で、統合認証基盤の導入は最優先の課題となった。
他大学へヒアリングをした中には、「1つのパスワードが漏れると、全てのシステムへログインできてしまうリスクがあり統合認証は導入しない」という意見も有ったということだが、大学内での検討内容は導入の可否よりも、いかに実現するかが中心であった。
システムの概要→

(2006年10月取材)

本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連記事
-顧客事例:2007年3月掲載
福岡大学様導入事例 VOL.2
 新しい大学のあり方を示す情報化基本構想により学術情報データベースの構築に挑む

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL 金融・公共営業本部
東京 Tel:03-5859-6001 Fax:03-5859-6033
E-Mail: rfi@jsol.co.jp

印刷用はこちらからPDF
1 2 3 4 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

関連ソリューション

関連インタビュー

福岡大学様導入事例

新しい大学のあり方を示す情報化基本構想により学術情報データベースの構築に挑む

最新の事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。