顧客事例

顧客事例

前のページへ 1ページ目へ 2ページ目 3ページ目へ 4ページ目へ 次のページへ

創業100周年と次なる成長に向けたシステム基盤の構築に光明

  イズミヤでは、既存のソフト資産のオープン系システムへの統合・集約を進めると同時に、2013年から14年にかけてはグループ企業の各種システムもJSOLのホスティングサービスに移行する計画を検討しています。
 3カ年目標で示された「次世代基盤システムの構築」が、これにより達成します。

 イズミヤは今年、創業92周年を迎えます。「小売業を取り巻く環境が厳しくなるなかで、私たちが狙いを定めているのは創業100周年に向けたオペレーション改革と、それを支える次世代の基盤システムの構築です」(上山部長)。
 つまり、ホスティングサービスを利用してオープン系サーバーへの全面移行を進めることと、新しい業務要件やオペレーション手法を反映した新しいプログラムの策定を同時並行で進めていこうとしているのです。

 例えば、実際の売り場とネット世界の融合があります。少子高齢化によりお客様の数は減少し、競合店との競争は激化しています。従来のように新規店舗を増やして売上を伸ばすビジネスモデルは、厳しさを増すばかりです。そうした状況を克服して成長していくために、上山部長は、「ネットと店舗を融合させ、双方向から送客し、販売できるしくみづくりが必要だ」と言います。
 「お客様の購買手段を増やし、取り扱い商品を増やすことにより、購買機会の増加や利便性・サービス向上を図り、トータルでの売上増につなげていくのです」

左から、JSOL 北阪、イズミヤ株式会社 上山部長、JSOL 米田 そのために情報システム部門も大きく変わろうとしています。上山部長は、「ちょっと極端ですが」と前置きしつつも、次のように語ります。
 「情報システム部門のすべてをアウトソースしてしまうような時期が来るのではないでしょうか。例えばJSOLには当社のIT戦略担当になってもらい、システム企画や開発は、IT戦略担当に委ねる。そうすることで、資産を持たずにサービスにお金を払うシステム資産の流動化と、常に最新鋭のIT環境を利用できるというホスティングのメリットを最大限に享受できる。それが当たり前のIT活用になるように感じるのです」

 クラウド型のシステム利用も拡大するなど、IT資産はすでに所有から活用へのトレンドが進行しています。JSOLは、イズミヤの戦略的なパートナーとして、ホスティングをはじめとする“ITの最大メリットを享受できる活用策”を今後も整え、緊密なリレーションシップでイズミヤの成長を側面から支援していきます。

Customer Profile→

(2012年12月取材)


本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連記事
- ニュースリリース:2012年11月22日
JSOL、イズミヤにホスティングサービスを提供

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL 西日本ビジネス事業部
Tel:03-5859-6001 Fax:03-5859-6033
E-Mail: rfi@jsol.co.jp

PDF版はこちらからPDF
前のページへ 1ページ目へ 2ページ目 3ページ目へ 4ページ目へ 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新の事例

日清オイリオグループ会部式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。