顧客事例

顧客事例

前のページへ 1ページ目へ 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目 5ページ目へ 次のページへ

「使う人にやさしい導入と運用」に示されるJSOLの取り組み

 徳間書店でのBiz∫会計システムの構築では、「使う人にやさしい導入と運用」という努力もなされていました。
 萩生田室長は、「経理財務の担当者は、従来のシステムに通暁したベテラン社員。システムを刷新することへの抵抗感はあったと思います。まして高度なデータ分析ができるように、という方針には経験も乏しいためにさらに不安が募っていました」と語ります。
 そのため萩生田室長は、JSOL側のプロジェクトスタッフには、「新しいシステムについてはなるべく全体像を分かりやすく説明してもらい、その理解を前提として業務フローの変化や操作方法について説明してもらうようお願いしました」

 JSOL側のプロジェクトリーダーである濱本由佳里(製造ビジネス事業部開発第5開発グループ)は、「新しい業務スタイルを、どのように回していくかを常に一緒に考えながら開発を進めてきました」と言います。
 「例えば要件定義にしても、単純にサンプルをお示しして説明するだけでは雲をつかむような話になってしまいます。そのため業務スタイルの流れの変化を現在の姿と比較した絵にしてみたり、運用イメージをつかみやすいような質問の仕方を考えました。JSOLが用意した操作マニュアルに対して徳間書店の担当者の方が自分の言葉で追記できるようなマニュアル作成の手法も使いました。自身の言葉、使い慣れた会社内での表現手法などを取り込むことで、システムがグンと身近なものになると考えたのです」

萩生田氏とJSOLメンバー  萩生田室長は、事あるごとに「へぇ、こんなこともできるのか。だとしたら、こんなことはできないのかな」などと、面白がるように担当者に話しかけたと言います。
 その上で、「システムそのものを導入することと、担当者が業務効率化や新たな課題の発掘などの経営意識を持ってシステムを活用していくかは、まったく別の問題です。その点JSOLさんは、JSOLクラウド導入モデルをツールとして社員の立場で、日常のユーザー業務をきっちりと分析して課題を洗い出し、それを柔軟に変えていけるようにサポートしてくれました。こうしたサポートがあれば、Biz∫の導入は実にスムーズで、システムの刷新効果を早く得られると思います」とアドバイスします。

 Biz∫会計の商慣習や業務フローに対する柔軟な対応力と、JSOLのノウハウを集約したJSOLクラウド環境導入モデルは、ユーザーが自立的にシステムを活用していこうとするメリットも生み出しているのです。

Customer Profile→

(2015年03月現在)


Amazon Web Services、"Powered by Amazon Web Services"ロゴ、[および本資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連記事
- ニュースリリース:2015年01月27日
JSOL、株式会社徳間書店にBiz∫会計のクラウド環境導入サービスを提供
〜AWS®を利用し、短期・低コスト導入を実現〜

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL 製造ビジネス事業部
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail: rfi@jsol.co.jp

PDF版はこちらからPDF
前のページへ 1ページ目へ 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目 5ページ目へ 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新の事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。