顧客事例

顧客事例

前のページへ 1ページ目へ 2ページ目 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目へ 次のページへ

会計と人事領域での統合を計画 グループシナジー創出の前提基盤をめざす


 シミックホールディングスのSAP®ERPをベースにした会計と人事の統合情報基盤の構築は、まず国内のグループ会社12社を対象に行われることになりました。
 ベースとなるERPパッケージに「SAP®ERP 6.0」が選定されたのは、広範な業界への豊富な導入実績と世界シェアトップの高い信頼性があったこと、また内部統制やSOA(サービス指向アーキテクチャー)への対応力を備えた堅固なIT基盤であることなどによるものでした。さらに業務の標準化や効率化が促進され、拡張性が高いことも高く評価されました。

シミックホールディングス株式会社 財務経理部 部長 杉浦 和幸 氏  プロジェクトではまず、会計と人事領域のそれぞれにおける「目的とゴール」が確認されました。
 会計領域では、「シミックグループの事業目標達成や業績向上に向けた施策決定に資する経営管理基盤をめざす一方、連結決算の早期化とIFRS対応など、法制度の変更にも柔軟に対応できる体制を整えておく」(杉浦部長)。
 具体的なゴールとして、(1)引き合い・見積もり時に戦略的な売価設定ができる、(2)見積もりの設定時のコストと実績のかい離をタイムリーに把握し、適切な手を打てる、(3)プロジェクト別・組織別の収支見通しの精度向上により、全体最適の観点から意思決定のための材料をフレキシブルに提供できる、(4)統一されたシステム基盤により決算データの収集や集計、グループ間取引の集計や照合における業務効率化と当月内開示を実現する、(5)来るべきIFRS強制適用に備えて会計ルールやシステム対応の準備を完了する、という5つが設定されました。

シミックホールディングス株式会社 執行役員 コーポレートサービスグループ部長 西田 恭子 氏  一方、人事領域では、「約5,500人にのぼるグループ従業員の資格情報などを一元的に把握できるタレントマネジメント基盤と、カンパニーや事業領域を超えたリソースマネジメントを可能にする人材管理基盤の2つを構築する」(西田執行役員)。
 その上でゴールとして、(1)全従業員のタレントを俯瞰的にデータで把握、分析ができる、(2)要件に合致する人財を効率的に条件抽出できる、(3)事業、グレード、稼働状況、職務などのさまざまな切り口で適時に最新の人財情報を抽出し、定量分析できる、(4)勤怠管理、給与計算業務などのシステムアウトソーシング先の統廃合を進めてグループで標準化された業務が遂行できる、の4つが設定されました。

 北中部長は、「グループの発展は喜ばしいことですが、それ故に出現した情報基盤の課題に適切に対処し、“One-CMIC”というグループ経営の体制とグループシナジーの創出を加速させる基盤を構築するのが私たちのミッションでした」と語ります。

"One-CMIC"の実現に向けて早くも成果 難易度の高いディザスタリカバリーや仮想化を低コストで実現→

(2015年04月現在)


SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名は SAP AG のドイツおよびその他世界各国における登録商標または商標です。
本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連記事
- ニュースリリース:2015年01月29日
シミックグループにSAP® ERPを活用したグループ会計システムを提供
〜グループ経営管理の実現をサポート〜

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL 製造ビジネス事業部
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail: rfi@jsol.co.jp

PDF版はこちらからPDF
前のページへ 1ページ目へ 2ページ目 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目へ 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新の事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。