顧客事例

顧客事例

前のページへ 1ページ目へ 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目 6ページ目へ 次のページへ

「システムに魂を入れる」を柔軟かつ容易に実現する

株式会社JSOL 製造ビジネス事業部 コンサルティングチーム1 河本 直純  プロジェクトでコンサルティングを担ったJSOL製造ビジネス事業部コンサルティングチームの河本直純は、「プロジェクト開始前には(三和化学研究所の)秦社長から『システムに魂を入れることが重要である』との基本方針が示されました。この基本方針があったからこそシステム化構想や教育でも基本方針の実現にこだわりました」と振り返ります。
 その上で河本は、「システム開発と人材育成が強く連携しているのがこのプロジェクトの大きな特徴でもありました」と語ります。
 「プロジェクトでは、新システムにおける営業戦略や施策の推進状況の見える化と同時に、当該情報を利用するユーザーの経営マインドの醸成に挑戦をさせていただきました。システムが出力する情報から"人と人がスピーディーに連携"して地域や顧客の変化や課題を読み解き、それぞれの立場で地域や顧客に最適な施策などを立案・推進する。それができる人財育成をシステム構築と同時に実施する取り組みは、他社には類を見ない取り組みであったと思います」

 本格稼働から10カ月を経た段階で、新システムの活用では、いわゆるベンチマークや活用成功例の広報・啓蒙活動が進んでいます。
株式会社三和化学研究所 経営管理部 予算統括グループ 主任 小林 弘隆 氏  「データの見方のベンチマークができ、『俺でも使えるのだ』と現場のマネジャーたちが強く実感してくれれば利用者も利用率も急速に増加するでしょう。今は、ビッグバンに至る前の膨張期のような状況にあり、使い方や成果物などを共有する環境づくりに力を注いでいます」(小林弘隆・経営管理部予算統括グループ主任)

 高瀬システム開発部長も、「特に現場マネジャークラスへの経営視点の導入は、厳しい競争を勝ち抜くためにも不可欠な取り組みです。今回のマネジメントポータルの構築により大きく一歩を踏み出すことができました。チームマネジャーの利用率をさらに向上させ、自らの問題意識で各種のデータの相関を見いだし、仕事に生かせるような人材を育てたいと考えています」と語ります。
 システムとしてはマネジメントポータル基盤をSCM向けや生産現場向けに拡充したり、基盤の活用の高度化などステップアップが考えられます。とはいえ高瀬部長のコメントは、シンプルで分かりやすく、柔軟性にも富むJ'sPATTOが秘めている業務改革の大きな可能性を実感していただき、期待をかけていただいた言葉でありました。

集合写真

Customer Profile→

(2017年02月現在)


本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連記事
- ニュースリリース:2016年07月08日
グローバルB2B2Bクラウドサービス提供開始
〜Salesforceを活用したリアルタイム情報連携クラウドサービス(J's Info Hub)〜

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL 西日本ビジネス事業部 東海営業グループ
TEL:052-203-5501 FAX:052-203-5644
E-Mail: rfi@jsol.co.jp

PDF版はこちらからPDF
前のページへ 1ページ目へ 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目 6ページ目へ 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新の事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。