顧客事例

顧客事例

前のページへ 1ページ目へ 2ページ目へ 3ページ目 4ページ目へ 5ページ目へ 次のページへ

情報システム子会社NSP社への保守引継ぎ見据えた役割分担と協業

 日清オイリオグループでは、システムの保守・運用は、グループ内の情報システム会社の株式会社NSPが担当しています。従って、今回のプロジェクトでは構築することだけではなく、NSPへの保守・運用引継ぎを円滑に行うことも重要なポイントでした。
 そのため、JSOLの開発チームに早くからNSPのメンバーが参画し、スキルトランスファーができる体制を構築しました。
 また、プロジェクトでは、JSOLが独自に開発したBiz∫MDMへ、商品、帳合、取引先、社員、出荷地、手数料などさまざまなマスターデータを移行しています。このMDMの開発の半分以上をNSPが担い、画面を自動生成するツールなどを活用しながら、習熟度を高めていきました。
 JSOLのPMを務めた米田亨は、「結果的に、システムの本番稼働3か月後にはシステム運用の主担当をNSPに引き継ぎ、9か月後にはJSOL側の常設保守体制を解消することができました。このような短期間で引継ぎができたことは、システムが安定的に稼働していることはもちろん、NSPメンバーの習熟によるところが大きいと思います」と語ります。

日清オイリオグループ株式会社 東京支店 永田 千春 氏  新システムについてユーザーはどのように評価しているのでしょうか。
 日清オイリオグループ東京支店で受注事務を担当する永田千春氏は、「なによりもシステムが一つになり、一つのもので各種のデータ処理を進められる利便性の向上は大変にありがたいです」と語ります。
 例えば賞味期限別の在庫数を見る時も、かつては受注数と在庫数が別の画面に分かれていたために一手間増え、それが指示ミスを誘発する一因になっていました。
 その上で、「受注に関しては、過去の受注データを再利用して新しい受注データを作成できる「受注テンプレート機能」が受注業務の生産性向上に役立っています。入力時間の大幅短縮や手入力だったマスター情報の複写の入力ミスがなくなりました。これには副次的な効果もあり、例えば休暇を取るために他のスタッフに仕事を任せても、お客さまの帳合や出荷商品を間違えるなどのミスがなくなりました」と語ります。

 そして永田氏が指摘するのが、「JSOLのスタッフの皆さんの業界についての理解の深さ」です。プロジェクトの推進では、業務別にいくつかの分科会が随時開かれ、要件を定義していきました。
 「プロジェクトがキックオフしたのは2014年5月でしたが、それ以前からの食品業界についての見識はもちろん、あっという間に当社、油脂業界独特の事業別の商慣行や特性の違いを理解され、社内用語を苦もなく使っていました。開発スタッフの方々に細かに説明しなくても話が進められました」

 関口氏からは、JSOLスタッフのプロジェクト遂行能力に高い評価をいただきました。それが端的に示されたのが照合テストや稼働リハーサルでした。
 JSOLの米田PMは、「従前のシステムからのリプレースでは、取引先に影響の出る金額計算や請求書など、各種の伝票出力はそれまでの仕様を確実に再現する必要があります。仕様書に残らない細かな取引先別の個別ロジックなどはユーザーヒアリングでは拾いきれないため、新しいシステムとの照合テストが非常に重要な作業になります」と説明します。
 そこで約半年間にわたって照合テストを実施してロジックの取り漏れ防止やマスターの精度の向上に取り組みました。すべてが順調に進んだ訳ではなく、次々に課題が発生し、ぎりぎりまで調整が続きました。またNSPとは、稼働リハーサルを当初予定の3回から6回に増やして実施することとなり、課題や改善点をお互いに共有し進めました。

商慣行理解とプロジェクト遂行力が、創業2世紀の持続的な成長の基盤を創る→

(2017年06月現在)


本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連記事
- ニュースリリース:2016年07月20日
JSOLがマスターデータマネジメント(MDM)ビジネス拡大に向けASTERIAマスターパートナー契約をインフォテリアと締結〜データ連携ミドルウェア「ASTERIA WARP」と、マスターデータ管理パッケージ「Biz∫MDM」を融合して、次世代マスター統合管理ソリューションを展開〜

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL 製造ビジネス事業部
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail: rfi@jsol.co.jp

PDF版はこちらからPDF
前のページへ 1ページ目へ 2ページ目へ 3ページ目 4ページ目へ 5ページ目へ 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新の事例

日清オイリオグループ会部式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。