特集

ITよもやま話

今こそ“システム開発力の徹底した追求”を

技術本部 技術事業推進部 開発課 足羽 崇

 21世紀のビジネス環境の変化は激しいと言われる。経済的環境などもさることながら、システムインテグレーター(以下、SIer)を取り巻くIT環境も大きく変化している。2010年を振り返る意味を込めて、いくつかキーワードを挙げてみよう。

 最もよく目にしたのは、"クラウド"というキーワードではないだろうか。IT環境そのものの利用形態が、根本的に変わろうとしている。"アジャイル"というキーワードは、ソフトウェア開発の方法だけでなく、組織のあり方にまで影響を与えつつある。"HTML5"の登場により、Webの世界は活気に満ちているし、"スマートフォン"が注目され、ビジネススタイルにも変革の兆しがみられる。

 このような劇的なIT環境の変化に適応するには、ITを取り巻くビジネス動向のウォッチや、それらを支える技術の習得などが重要になる。しかし、トレンドに注目するあまり、足元が疎かになってはいないだろうか。

 システムの形態が"オンプレミス"だろうと"クラウド"だろうと、アプリケーションの開発方法が"ウォーターフォール"だろうと"アジャイル"だろうと、はたまた、アプリケーションの実行環境が"PaaS"上だろうと"モバイルOS"上だろうと、エンタープライズ用途のシステムを開発するにあたっては、要求を抽出し、要件として定義することは変わらない。アプリケーションを設計、実装し、テストすることも変わらない。その間、設計内容やソースコードの品質を把握し続けることも変わらないし、これらを含めてゴールへの段取りを組み立て、チームビルディングすることも変わらない。

 そう。プロジェクトをドライブし、お客様の求めるシステムを構築する"システム開発力"は、なんら変わっていないのだ。

 この"システム開発力"が根底になければ、変化に適応すべく戦略的な舵きりが行われたとしても、上滑りで終わってしまうに違いない。せいぜい提案書に"クラウド"という文字列が追加されるだけだ。アジャイルのプラクティスを、いくつか試してみるだけだ。下手をすると、無理な思想や技術の導入が、サービスレベルの低下を招く可能性さえある。これでは、地に足のついたITサービスを提供し、お客様のビジネスに付加価値を提供できるはずがない。

 だからこそ、"システム開発力"を徹底して追求しているかどうか、今一度振り返らなければならない。

 この観点において、最も注目すべきキーワードは、もはや"クラウド"ではない。"ソフトウェア工学"だ。続いて、知識体系である"PMBOK®"、"SWEBOK"、最近であれば"BABOK®"などや、ベストプラクティス集である"ITIL®"などだ。これらは、目新しいキーワードではないし、メディアで話題になることも多くはない。しかし、これらを積極的に習得し、徹底的に活用し、個人そして組織の血肉にしていくことが、SIerとしての確固たる下地を築くことになるのだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 冒頭に挙げた環境の変化は、SIerにとって大きな脅威であると同時に、イノベーションを起こすチャンスでもある。SIerという言葉が本来有する意味に立ち返り、思い描いているSIerへと変革するときだ。しかし、表面上の取り組みだけでは、何かが変わることはあり得ない。環境の変化が大きい今こそ、目線を高く上げ、地に足をつけた取り組みによって、日本のSIerの底力を見せるときではないだろうか。

(2010年12月10日)

PMBOK®はPMI®の登録商標です。BABOK®はInternational Institute of Business Analysisの登録商標です。ITIL®は英国その他の国において英国のOffice of Government Commerceの登録商標です。
本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コラムは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新のインタビュー

クラウド時代のシステム運用の管理・監視ビジネスを構築する

"JSOLとしてのシステム運用の管理・監視で新たなビジネスの構築に取り組んでいるITアーキテクトをご紹介します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。