特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • INDEX
  • 1
  • 2
  • 3
  • INDEXへ

テーマ3これからのITスペシャリストに求められる資質とは?

テクニカル・アプリケーション・プロフェッショナル・パーソナル力 4つの資質を軸に展開される日本総研ソリューションズの人づくり

――システム構築が複雑化するということは、IT技術者にも多様な資質が求められ、それがなければプロジェクトの成功もおぼつかないということだと思います。これからのスペシャリスト像を、どうイメージしていますか。

森 わたしは、IT技術が分からないでコンサルティングをやってはならないと思っているのです。吉田さんのようにIT技術を知り抜いている人がプロジェクト・マネジャーとしてコンサルティングの現場に立つことが重要です。なぜかと言えば、コンサルティングだけをやり、「お後はよろしく」では、システムの土台を構築するITアーキテクトたちの“技術者の痛み”が分からないからです。「ここは苦労したんだな」とか、逆に「ここはオーバースペックだ」といった読みができない。IT技術をしっかりと学んだコンサルタントが作った計画というのは、システムを構築する技術者にとっては強い納得感があるのです。
吉田 ITコンサルタントというと若い人には、すごくスマートなイメージがあり、それで憧れますが、3年から5年ぐらいは、ものづくりとは何かを肌身で学び、IT標準の何たるかを理解した上でないと、ITコンサルティング分野での向上は期待できません。
   
森 コンサルティングをしても、システム構築経験がないと単なる評論家になってしまう。10のシステムの評論はできても、11番目のシステムを新規には作れない。一つでも二つでも、システム構築を経験していれば、軸足のしっかりとしたお客様に説得力のあるコンサルティングができる。
吉田 日本総合研究所には研究事業本部というビジネスコンサルティングを深耕する領域がきちんとあり、そこと各事業部門がしっかりと連携することによってより大きなビジネスを発掘できますし、全社のコンピテンシーががっちりと組み合わされたものになります。
森 そのうえで技術本部は、IT技術者が備えるべきスキルの軸について、4つあるだろうと考えています。まずコンピュータ言語やハードに対する「テクニカルな知識」。2つ目がコンピュータのアウトプットにあたる勘定系や通信系といった「アプリケーションの知識」。3つ目がシステムやデータベースを設計したりマネジメントする「プロフェッショナルの力」。
そして4つ目が、先の3つをくくり、それぞれの力を伸ばしていく原動力となる「パーソナル力」です。わたしたちの仕事は、お客様のニーズを探って解決策を練っていくのですからコミュニケーションの力は不可欠です。また仕事がうまくいかず、お客様からお叱りを受けるときもあるのでストレスに対する強さも必要です。そういうものをいろいろ含んだパーソナル力ですね。これが不可欠なんです。
こう考えると、ITの世界というのは、一言では語れない複雑な人種を必要としています(笑い)。
吉田 わたしもまずは、ITの基礎技術の習得が不可欠で、ある一定のレベルを超えることがIT技術者に求められていると思います。そしてさまざまな業界や業態の仕事を理解・分析する経験を通じてプロフェッショナルとしての力を養う。こうした学習と経験の集積がITアーキテクトとしての成長につながるし、それがITコンサルタントとしてのベースにもなります。
森 ITの技術は、非常に幅が広い。ERPもあればCRMもあり、使われている技術は微妙に違います。そうした中で当社の標準というか、スキルマップを明確にして、技術者である自分が、今どの部分を鍛えられているのかが理解できるような人材育成を進めていこうと思っています。
吉田 自分のスキルの発展過程が明確に分かるような、スキル・キャリアパスがないと将来に向けた自発的な取り組みは生まれません。
森 そうですね。1年目よりも2年目のほうが力が付いた、と実感できるようなスキル項目がないとだめです。「150項目のうち、わたしはいま50項目ができる」といったスキルシートがあり、それが研修内容にも直結している。技術だけでなくプロジェクト・マネジメント、さらには人間力まで学んだプロフェッショナルを育てたいと思っています。人間力などは、教科書では教えられないので、IT技術者の教育というのはなかなか奥深いんですよ(笑い)。
執行役員・技術本部長 森陽一

森 陽一
日本総研ソリューションズ
執行役員
技術本部長
(取材当時、2008年4月より三井住友カード株式会社執行役員)

1979年 静岡大学 工学部 情報工学科卒業
1982年 株式会社日本総合研究所の前身、日本情報サービス株式会社に入社
1990年 技術士(情報工学部門)及びシステム監査技術者資格を取得
1982年〜2004年 カードシステムに関する企画・開発業務に従事
2004年 株式会社日本総合研究所 技術本部 本部長に着任
2006年 株式会社日本総合研究所 執行役員 就任を経て、株式会社日本総研ソリューションズ 執行役員に就任

吉田 和隆
日本総研ソリューションズ
執行役員
ITコンサルティング事業本部長

1974年 早稲田大学 理工学部 工業経営学科卒業
1974年 日本アイ・ビー・エム株式会社に入社
主として銀行のお客様担当のシステムズ・エンジニア、プロジェクト・マネジャーを歴任
2002年 金融機関全体のデリバリー部門の責任者としてサービスビジネスを担当
2004年 同社 執行役員.金融ソリューション・センター担当就任
2006年 日本総研ソリューションズ 執行役員 ITコンサルティング事業本部長 就任
執行役員・ITコンサルティング事業本部長 吉田和隆

(2007年01月現在)


※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 前のページへ
  • INDEX
  • 1
  • 2
  • 3
  • INDEXへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

関連インタビュー

お客様本位の提案にプロジェクト・マネジャーが信頼される品質をお届けする

プロジェクト・マネジメントの専門家として事業を指揮するPMについて議論を深めます。

価値あるソリューションを提供できる営業人材とは

システム・インテグレーターの営業職としてどのような能力が求められているかを、話ました。

お客様本位の提案に向け、システムの性能評価を進化させる

システム規模が大きくなるほど重要になる構成設計の為の性能評価について語ります。

最新のインタビュー

世界で最も高速なソルバーの開発をめざし製造業のイノベーションを支援

高速かつ高精度なシミュレーションを可能にするソルバー開発の取り組みについて、JSOLのアプリケーションコンサルタントが語ります。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。