特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 先頭のページへ

ワークフローなど業務システムもSOA対応へ

SAPシステムはこれまでSAPGUIというC/Sアーキテクチャの、比較的重いフロントシステムを使用していたが、SAP製品自体のSOA対応に伴い、フロントシステムもWeb化されるようになった。Webブラウザからシングルサインオンで、バックエンドシステムに入ることが可能になった。ただしそれはシステム基盤としての準備が整ったに過ぎず、これからそれをどのように活用し、ユーザに適したフロントシステムを作り上げ、ユーザニーズを具現化していくかは、まさにシステム・プロバイダーの腕の見せ所ということになる。

SAPが提供する各種コンポーネントを統合的に組み合わせ、顧客が望む業務システムを提供できるかどうかは、これからのシステム・プロバイダー選定の基準にもなるだろう。
「基幹システムと連携しながら、さまざまな業務処理を行うためには、実際にはさまざまなフロントシステムが必要で、それらのSOA対応も不可避です。フロントシステムの開発は、まさに私たちが得意とするところ。それらをテンプレートまたはパッケージとして提供することで、より迅速・低コストで、お客様のユーザビリティをより高めることができます」と林は語る。
たとえばオフィスのなかで日常的に行われる業務に、経費精算、支払依頼、仮払いなどの処理系がある。これらを電子化するためには一般にワークフローシステムを導入することが多く、そのパッケージも数多く存在する。日本総研ソリューションズもまたこれまで、「PositionFlow III」という名称のパッケージ製品で、ワークフローとERPの連携によるフロント業務統合ソリューションを提案してきた。画面の設計をコーディングなしで開発したり、稟議ルートのコントロールなど、ERP自体のもつワークフロー機能に比べても、より日本企業の実態に即した使い方ができると自負しており、多くのユーザを獲得している製品だ。

林 大介

それを今回、SOAに対応させたのが次世代ワークフロー製品「ZeroGravity」である。「これまでのワークフローは個別の業務のみを対象にしていたり、業務の拡張にはコストが大幅にかかるなど、企業全体を管理できるシステムとしての確立は難しいものがありました。ZeroGravityは、内部統制機能はもちろん、ユーザ自身でのノンプログラミングフォーム開発機能や、SOAによる業務連携サポートを搭載し企業全体の多様な業務を実現するワークフロー基盤として利用することが可能になっています」

すでに、SAP─ZeroGravity─Enterprise Portal をつないだ、日本総研ソリューションズならではの新規のシステム構築が始まっている。
「これまでは基幹系システムに中規模なパッケージを組み合わせて使用されていたお客様で、今回初めて、SAPを導入されることになりました。ただ、業界独自の既存システムも一部残ることになり、その既存システムとSAPとの連携も重要です。急成長企業なので、ERPの使い方も柔軟に変化する可能性があり、変化対応ということはプロジェクト全体としても強く意識しています。
当然、SOA対応のメリットを生かすべく、フロントシステムはすべてWebでやりたいとのこと。従来ですと、SAP GUIしかないので、画面にこだわりようがなかったのですが、Webとなると見映えや使い勝手などさまざまな要求が出てきます。SAP導入でこれほどフロントシステムの画面にこだわるのは、当社としても初めての経験でした」

ただ、そうした Webインターフェイスについてのお客様のこだわりも、WebDynpro を使った開発なら、比較的短時間で行える。先の事例では、ワークフローパッケージとしてZeroGravity を採用するが、それも WebDynpro で設計された Enterprise Portal からシングルサインオンで使うことができるようにした。当然、SAP本体からのレポーティングもWeb上で閲覧できる仕組みだ。SAPとワークフローパッケージのSOA対応を、まっさきに享受できた事例ということになる。
「もちろん初めてのケースなので、お客様からの、あれもこれもという多様な要件をどう絞り込むかは私たちも悩ましいところですが、これまでの工数を考えるとかなり速いスピードで実装が進んでいます。これまでは適用の難しかった新しい領域で、SAPソリューションを展開する布石になると期待しています」
SAPのSOA対応は、かくして日本総研ソリューションズ側にとっても、ソリューションの幅を広げることになる。当然、ユーザにとっても、SOAアーキテクチャへの移行は、既存システムの存在をネックとせずに、中長期的にはシステムリソースの集中、システム投資の最適化につながる。結果として経営判断の「見える化」とITユーザビリティの向上が実現することになれば、SOAアーキテクチャの意義を活かしたということになるはずだ。

(2008年03月現在)


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 先頭のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

関連ソリューション

関連インタビュー

SAPによる原価会計管理をスマートに導入する

原価管理においてスペシャルな業務改革サービスを提供しているアプリケーションコンサルタントを紹介します。

生産現場の改善理論を背景にSAP・ERPによる競争力強化を支援する

TOCという生産現場の改善理論の専門家で、その優れた知見を背景にしたERP導入という、新しい競争力強化の仕組みを届けているプロフェッショナルを紹介します。

SAP・ERPの機能を十二分に発揮させるスペシャリスト

世界最大手であるドイツSAP社のERPパッケージをベースに、独自の利用技法を開発しながら多くのシステム革新を成功に導いてきたスペシャリストを紹介します。

人の創造性を高めるSAPアプリケーション開発を

SAPを活用する為のテンプレート「J-Model」。高田理紀が導入事例を交えて語ります。

最新のインタビュー

ハイブリッドなICT環境を支えるインフラはどうあるべきか?

ハイブリッド化していく環境に対して、これからのICTインフラはどうあるべきなのか、JSOLのITアーキテクトが解説します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。