特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • INDEX
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • INDEXへ

テーマ4決してテクニカルに走らない誠実なプロデューサーを育てる

小林 日本総研ソリューションズでは、ITプロのMRのような優れた営業担当人材の育成に本格的に取り組んでおり、わたしもより具体的な育成計画を練らなければならない立場にいるのですが、中村さんは、営業人材を育てる要諦はどのあたりにあると思われますか。
中村 正直に申し上げて、研修を施したから成長するというような定式がないのが営業の世界だと思います。センスのある社員ならば、放っておいてもどんどん育っていきますから。
小林 磨いたら光るな、と思ってもなかなか光らなかったりしますね。逆に磨いていないのに輝き始める人は、丹念に落ち穂拾いをしながら仕事の種にしていくセンスがあります。 対談風景
中村 おそらく、そうした成功体験を学び、自分でやってみてもらうのが一番早道なのかもしれません。「こういうやり方があったのか」と誰よりも早く気がつかせる。これはPMなどにも同じように言えるのでしょうね。
小林 うちの部門では、4人から5人でチームを作り、チームで担当先を見るようにしています。お客様の要望は多岐にわたり、早く対応を求められるようにもなってきていますので、1人の営業担当者が担うのはリスクになってきています。そのチームに1人、核となる人物、つまりMRクラスの人間がいて、他のメンバーを育てていくようにしています。
中村 わたしは部下には、「しゃくし定規な営業にはなるな」と言っています。自分の方法でやり、後の責任はわたしがとればいいのですから。また「こうやってみたら」とアドバイスしたり、何をやったか、何をやっていないかを見極めたりするのはわたしの仕事だと思います。
小林 わたしは、怒るときはなるべく感情で怒るのではなく、冷静に話すようにしています。でも、これは愚痴になりますけど、はまるときははまりますが、はまらないときは自分でも情けなくなりますよ(笑い)。
中村 時には感情的になって本気で怒ってもかまわないのですよ。後でフォローもしますが、理詰めで責めない事で、実は逃げ場をつくってあげることにつながったりします。
小林 30年やってきて感じる事は、やはり営業は「人と人のかかわり」が神髄だという事です。また漢字の話になりますが、「儲かる」という漢字は、「信じる者」です。昔の人はええことを言っていますよ。信頼関係がないところにWIN・WINのビジネスモデルはないですから。
中村 決してテクニカルな営業に走らせず、人との誠実な信頼関係を築ける人材を育てることが、当社へのお客様の信頼を深める道でもあるのですね。
執行役員・製造営業本部長 小林聡

小林 聡
日本総研ソリューションズ
執行役員
製造営業本部長

1976年 関西学院大学 理学部 物理学科卒業
1976年 株式会社日本総合研究所の前身、日本情報サービス株式会社に入社
1978年〜2006年 公共営業・産業営業・営業企画等営業業務に従事
2000年 「よくわかるITソリューション」(日本実業出版)を共著にて出版
2001年 「中小企業のIT化戦略」(エクスメディア)を共著にて出版
2006年 株式会社日本総合研究所 執行役員 就任を経て、株式会社日本総研ソリューションズ 執行役員に就任

中村 一穂
日本総研ソリューションズ
金融・公共営業本部長

1969年 学習院大学 経済学部卒業
1973年 日本アイ・ビー・エム株式会社に入社
主として金融部門のお客様担当の営業課長、営業部長を歴任
2004年 日本アイ・ビー・エム株式会社の子会社、地銀ソリューション・サービス株式会社 代表取締役社長 就任
2006年 日本総研ソリューションズ入社 金融事業本部長 就任
2007年 日本総研ソリューションズ 金融・公共営業本部長 就任
金融・公共営業本部長 中村一穂

(2008年05月現在)


※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 前のページへ
  • INDEX
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • INDEXへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

関連インタビュー

プロジェクト・マネジャーが信頼される品質をお届けする

プロジェクト・マネジメントの専門家として事業を指揮するPMについて議論を深めます。

技術力とプロジェクト推進力は、いかに連携しているか

「ITアーキテクト」と「プロジェクトマネジャー」というそれぞれの立場から語りました。

最新のインタビュー

ハイブリッドなICT環境を支えるインフラはどうあるべきか?

ハイブリッド化していく環境に対して、これからのICTインフラはどうあるべきなのか、JSOLのITアーキテクトが解説します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。