特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 先頭のページへ

社内改革から「女性活用」ソリューションの提供へ

銅伝 由香

委員会の提言する女性社員支援策が矢継ぎ早に制度化されることについて、銅伝はこう見ている。

「当社はかつては普通の日本企業で、いわゆる『女性に優しい会社』ではなかったと思います。一方で、男女を問わず、声を上げる社員がいれば、その声には耳を傾けてくれました。今は経営の側も『働いてほしい』、女性社員の側も『働きたい』という具合に思惑が一致したことで、私たち女性の声がこれまで以上によく通る会社になったのでしょう」

銅伝個人も、社内で自分の声を通してきた経験者だ。新卒採用時は一般職として入社し、しばらくは営業部門の事務を担当していた。そこで営業に強い興味を持ち、上司にかけあって女性営業担当総合職になった経歴を持つ。家族の介護で出社が困難だった時期には、モバイル環境を活用して社外で仕事を続けることを認めてもらったこともある。

「女性だから大切にされて当然という考え方を私は持っていませんし、女性諮問委員会の提言も、実は男女ともに働きやすい会社にするためのもの。しかし、少子高齢化が進むなかで、優秀な人材を確保することは当社以外の企業のマネジメントにとっても急務です」

女性を活用できない会社に未来はない!

もちろん、「優秀な人材」は女性に限らないがが、今の日本でこれから活用できる層として豊富なのは女性−−。
そうした思いから、企業の人事コンサルティングを専門とする角直紀氏(日本総合研究所人事戦略クラスター長)と共同で『女性を活用できない会社に未来はない』も上梓した。「掛け声ばかり。本当に女性活用できるのか」「どうして女性を特別扱いしなくてはならないのか」「たかが事務職されど事務職」といった、建前ではない文言が目次に並ぶ。

今後は、社内の女性諮問委員会での活動に加えて、「女性活用」の考え方と技術をクライアントに提案していくことも新たな業務として加わりそうだ。日本企業にとって人材の価値が上がり続けている今、同性に着目した銅伝の提供するソリューションの価値もまた高まることになる。

(2008年04月現在)


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


関連リンク


  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 先頭のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新のインタビュー

グローバルの視点でSCMを改革する

"グローバルERPの導入に必要な方法論や手法を体系化して数々のグローバルプロジェクトを手がけきたアプリケーションコンサルタントをご紹介します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。