特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次のページへ

誘導加熱分野という新市場開拓に貢献

 JMAGが支持された背景には、JSOLのオープンな開発姿勢もあった。海外のソフトメーカーは、ブランドや価値を維持するためにソフトの中身を隠蔽する傾向が強い。しかしJMAGの開発スタッフたちは、学会などに積極的に参加し、最先端の研究を行う大学の先生やメーカーの技術者と意見を交換し、開発力を磨いていった。論文投稿だけではなく、展示会での積極的な開示やユーザー会を通じた交流の場を積極的に利用している。ユーザーに道具としての特性を正確に知ってもらうことで、機能をどのように改良すべきかを教授してもらえる関係を築いている。

アプリケーションコンサルタント 橋本 洋

 「(オープンな開発姿勢は)ソフト開発の風土としてそれでよいのか、と心配になる時もあるほどです。しかし、情報を適時開示しているからこそ改良すべきところを迅速に把握し手を打てる。販売代理店が中継する国外ソフトウエアとは、お客様に対する回答速度と質がまるで違います」

 そうして国内でモーター設計の電磁界解析ソフトのデファクトスタンダードになると、次なる課題と目標も見えてきた。1つは国内でJMAGを活用してくれる新たな市場を開拓することと、もう1つが海外市場への進出だ。

 JMAGは従来、家電業界、自動車業界、重工業業界を中心に、モーターの設計を中心に活用されてきた。これらの分野では日々、ユーザーのニーズに応えるべく機能開発が進められたり利用技術が蓄積されており、それによってさらにJMAGの優位性が強固になる“正の循環”を生み出している。
 しかし、デファクト化は同時に市場飽和を意味する。収益的には将来、メンテナンスや保守のウエイトが高まることで成長が鈍化する恐れもある。

 橋本が注目したのが、電気エネルギーを熱エネルギーに変換する誘導加熱の世界だ。
 誘導加熱とは、交流電流をコイルに流すと磁束が発生するが、その近くに電気を通す物体を置くと熱が発生する現象を利用した加熱方式だ。私たちの身近なところではIH調理器がある。IHとはInduction Heating=誘導加熱のことだ。
 磁束の発生がポイントとなるのだから、加熱装置の検討において電磁界解析ソフトが活躍できる余地は大きい。橋本は、IH調理器の分野はもちろん、金属部品の焼き入れに高周波を使う高周波誘導加熱、プリンター内のインクを定着させる定着器などの分野でのJMAGの浸透に力を注いだ。

誘導加熱

 「JMAGには電磁界解析という核となる技術があります。JMAGが貢献できる設計の場はまだまだ多く存在すると信じて、誘導加熱方式を扱う分野の皆さんに解析を提案していきました。おかげさまでお客様との実証実験や共同調査を数多くこなし、JMAGの機能強化も順調に進み、国内の誘導加熱解析市場を形成できたと思います」

 JMAGは世界に打って出る体制も整えている。JMAGの国内ユーザーが海外に生産拠点だけでなく設計・開発拠点も置くようになっており、国内産ソフトといえどもユーザーの利便性を考えると、もはや国内対応だけでは不十分だからである。橋本を取材した日も、隣の会議室では各国の代理店向けの研修会が開かれていた。

 「JMAGが使われる分野が拡大し、使える地域も世界中に広がれば、必要とされる場面が飛躍的に広がります。JMAGは忙しい設計者にも使っていただけるように簡便性を追究する一方で、最先端の研究者のニーズも満たす技術も追究しています。両極の要望を常に満たすことで、プロにも『このツールは良い。皆で使おう』と認めていただき、それでいて入門者にも受け入れられやすい環境を継続的につくっていきたいですね」

(2013年03月現在)

共同研究でソフトと信頼を共につくりこんでいく→


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

関連ソリューション

最新のインタビュー

クラウド時代のシステム運用の管理・監視ビジネスを構築する

"JSOLとしてのシステム運用の管理・監視で新たなビジネスの構築に取り組んでいるITアーキテクトをご紹介します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。