特集

特集

インタビュー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次のページへ

品質向上のための自動テストツールの開発に挑む

システム開発の品質と、それを担保する体制がインテグレータに問われている。この問題にいち早く取り組みを開始したのがJSOLだった。(株)JSOLの認定プロフェッショナルであるITアーキテクトの引地秀雄は、システムのテストツールの活用、そして自動化という問題に取り組んでいる。

品質を担保するのが人であってよいのか?

 大規模なシステム開発であればあるほど、ミッションはよりクリティカルになり、品質についての担保責任も増す。にも関わらず、システム開発においては長い間、品質の担保は開発技術者の力量に依存してきたのも事実だった。時代の最先端を追い求めるシステム開発において品質の担保は、残念ながらというべきか、非常に属人的な域にとどまっていたのである。

 「システムができあがり、お客様に納品する前には、当然ながら想定通りにシステムが稼働するかどうかをテストするのですが、昔は、まさに人海戦術でやっていました。100行のプログラムがあれば、同じく100行のテストコードを書いて動かしてみる。これは大変な作業であり、システム開発の生産性が向上しない大きな理由の一つでした」

 現在ほとんどのプロジェクトは、「ウォーター・フォール・モデル」と呼ばれるシステム開発手順が採用されている。システム開発が、分析、設計、実装、テスト、運用と流れていく。工程作業が完了してから問題があらわになっても前工程に戻らなくても済むように、その都度、各工程で厳密にチェックする。水が流れ落ちていくように作業が進むので、「ウォーター・フォール」という呼び名が付いた。

 ところが、このモデルには、重大とも言える欠陥、ジレンマがある。個別の完成度の評価はあっても、それがシステムの総合的な完成度の評価とはイコールではないことだ。
 「部分最適は、総合最適ではない」というものづくりの発想が、仕組みとして確立されていない。だからテスト工程は、あくまで最終段階に予定されている「できた結果を評価する」だけのものにとどまっている。
 もし、そこで問題が見つかると、問題を解消するためにプログラムの1行目に戻ってみたり、怪しいところを探してみたりと、右往左往を繰り返すことになる。

 さらに、プロジェクトには、完了に近づけば近づくほど問題があらわになるという"宿命""業"のようなものがある。そうすると、最終段階で予定されているテスト工程は、作業遅れのあおりを受けてしまい、納期を睨みながら、まさに人海戦術で問題を解消しなければならなかった。部分最適であっても総合最適かどうかを判断する余地が、極めて限られていたのである。

 引地は自身の経験も交えて語る。 「プロジェクトメンバーとして開発に取り組んでいるときは、お客様の期待に応えたいと、いろいろなテスト手法を考えたりします。あのテストをやれば見落とし部分が見つかるはずだ、これもやっておけばさらに完璧だ、などと胸を躍らせるのですが、前工程の完了が遅れて結果的に試せないまま苦戦を強いられることが少なくないのです」

 それならば、と取り組み始められたのが、「継続的インテグレーション(CI=Continuous Integration)」の確立だ。システム開発の上流、つまり要件定義や業務フロー定義から設計、開発を、これまでより小さな単位で繰り返しながらテストを行っていくのである。部分最適をいかに総合最適につなげていくか。ここに生まれたのが、統合的なテスト、かつ自動テストという考え方だった。

(2014年04月現在)

最後ではなく、最初、川上から品質保証に関わる→


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新のインタビュー

クラウド時代のシステム運用の管理・監視ビジネスを構築する

"JSOLとしてのシステム運用の管理・監視で新たなビジネスの構築に取り組んでいるITアーキテクトをご紹介します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。