特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次のページへ

最後ではなく、最初、川上から品質保証に関わる

 継続的インテグレーション(CI)の確立は、品質を担保するだけでなく、無駄な修正作業を減らすことでシステム開発の生産性の向上にもつながる。
 考え方としては非常に明快だ。しかし、具体的にどのように展開していくかは、十分な手法や方法論は確立されていなかった。引地は、ここに挑んでいる。

 引地はそもそも、JSOLの生産性向上タスクフォースのメンバーとして、システム開発における生産性向上を検討してきた。「タスクフォースの議論のなかで、テストを軸として考えていくことが非常に有効であることに気がついてきました」

 要件定義から実装に至る一連の段階で発生する"ズレ"は、後工程に進めば進むほどズレ幅が大きくなる。最悪の場合、システムの不稼働につながる。それを防ぐために、最終的な着地点をきちんと見据えたシナリオに基づいて各段階で単体レベルのテストを行い、最終的な統合テストによって品質を確保できればよいのではないか。
 つまり部分最適の積み重ねではなく、統合的な視点でチェックポイントを定め、その判定を受けた上で次の工程につなげる。そうすれば品質の向上も生産性の向上も両立できる。

 「その考え方を共有できたとき、次に、各段階でどのようなツールを使ってテストをすればよいのかという課題が浮かび上がります。また使うツールは、生産性向上やコスト削減に資するものでなくてはなりません。特に、既存のアプリケーションを使わずにゼロからプログラムを組んでいくスクラッチ開発の場合は、こうした課題の重さが増してきます」

 システム開発の上流部分にあたる要件定義や業務フロー定義などの段階では、定義書に基づいてインプットとアウトプットをシミュレーションして期待通りの結果となるかを検証する。何らかの条件によって次の作業が変わってくる条件分岐では、分岐点の前できちんと条件が把握されるようになっているかを厳密にチェックする。
 さらに実際の開発の過程では、単体テストとしてプログラムがきちんと書かれているかどうかのチェック作業を行う。これは「ホワイトボックス」と呼ばれている。一方、結合テスト以降では外部から条件を与えて作動するかどうかを「ブラックボックス」でチェックする。

ITアーキテクト 引地 秀雄

 引地らのタスクフォースメンバーがまず取り組んだのが、自社開発したアプリケーションパッケージ、SAP・他社パッケージ、スクラッチ開発案件に対して、どのようにテストの自動化が適用できるかを探ることだった。つまりアプリケーションの領域に対して、どのようなテストツールが効果的で、逆にどういったテストには向かないかを探る。
 例えば、ある部分のプログラムミスを直すと、全く関係ないように見えた所に新たなバグが発生してしまう。そうした事象が実際に起きていないかどうかを確認する。それはすなわち、ある領域のプログラムが、どのような影響力と影響範囲を備えているかを総合的な視点で探る作業でもある。
 しかし事前に影響範囲を調査した上でテスト対象を決めても、結果としてそれ以外の場所で影響が出るケースもある。つまり回帰テストや修正箇所によらず、重要な機能については必ず無影響テストを実施するといったアプローチの重要性も浮き彫りになってきた。

 「こうした知見が積み重なることで、アプリケーションに対して自律的で自動的なテスト機能を盛り込むことができるようになるはずです。コストの問題を抜きにして語れば、こうした自動テスト機能を標準としてテスト環境に装填することはぜひ実現したい。それがアプリケーションの製品としての競争力も高めます。そして我々のシステム開発においても、テストの自動化ツールの活用により手間やコストが減り、競争力を高めることにつながるのです」

 実際には、2012年から「自動化ツール」として各種のプロジェクトで試行され始めた。その数は、13件にのぼり、引地は、「2012年は、JSOLにとって"自動化ツール定着か推進元年"になった年」と語る。

(2014年04月現在)

多様なテストシナリオを資産として再利用する→


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新のインタビュー

ハイブリッドなICT環境を支えるインフラはどうあるべきか?

ハイブリッド化していく環境に対して、これからのICTインフラはどうあるべきなのか、JSOLのITアーキテクトが解説します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。