特集

特集

インタビュー

  • 1
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 次のページへ

業務改革を主導できるICT部門の組織強化を支援

ICTが、その戦略的なプレゼンスを高めている。業務の効率化を促すだけでなく、経営戦略や事業戦略の策定にまで深く関与していく。しかし、そうした体制をつくれている企業は少ない。JSOL認定ITプロフェッショナル(アプリケーションコンサルタント)で、ITコンサルティング事業部の長堀亨は、企業の戦略性を高めるICT部門の組織強化やICT戦略を支援するコンサルタントとして、中小企業診断士としての実力もフルに発揮しながら企業の明日をデザインしている。

ICT部門に求められる機能が変わってきた

 今や、ICTなくしてビジネスは成立しない。ICT部門は、経営戦略や事業戦略の実現を支援する不可欠な部門だ。
 その一方で、ICT部門と、ユーザー部門・経営層には共通した悩みや望みがある。片や経営層は経営戦略や事業戦略の変革をICT部門にリードしてもらいたいと願い、ICT部門もまた変革に貢献したいと望んでいる。にもかかわらず、両社の思いを合致させられないケースが増えている。

 長堀は、「簡単に言えば、ICT部門に求められる役割と責任が大きくなっているのです」と言う。
 「コーポレート・ガバナンスコードの導入や内部統制の強化に対応するためにも情報の見える化を促し、ICT部門はもっと積極的に経営判断に関与するようにならなければならない、と迫られています」

 なぜミスマッチが起きるのか。その背景には、ICT部門がユーザーや経営層にどのように評価されているかが不明で、どのように戦略の変革に関わっていけばよいのか分からないという事情がある。自社内だけでなく外部人材も活用した適切な体制、業務プロセスの策定が有効だとは感じるものの、その具体的な手法が見えていない。
 それはある意味で、仕方のない事情もある。従来、ICT部門はシステムの導入や保守・管理の業務が中心だった。システム自体が競争力を左右する金融業界などは別として、ICT部門が直接、経営戦略や事業戦略に関わる機会や使命は薄かった。

 こうした事態の打開を図るのが、JSOLのITコンサルティング事業部のコンサルタントたちだ。長堀の専門テーマは、「ICT戦略の策定/経営管理(管理会計)の立案/ICT組織強化」と紹介されている。メーンの仕事はまさにコンサルタント業務だが、その後のシステム改善に関わるケースもある。

 「ICTの導入や運用には力を注いできたものの、ICT部門のあり方や成長の方向性には、あまり気が配られていませんでした。私たちは、ICT部門が経営戦略や事業戦略との連携性を高め、自立的に成長していける状態を創造するのが務めです」

(2015年12月現在)

経営層の事業構想を組み込んでシステムを見直す→


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 1
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新のインタビュー

グローバルの視点でSCMを改革する

"グローバルERPの導入に必要な方法論や手法を体系化して数々のグローバルプロジェクトを手がけきたアプリケーションコンサルタントをご紹介します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。