特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • 1ページ目
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 次のページへ

マイクロソフトAzureへの確かな知見

 新たな流れとしてあるのが、クラウド化だ。クラウドコンピューティングには、いくつものメリットが強調されている。ネットを利用してソフトウエアやデータベースなどサービスを受けるので素早く導入できる。自社でシステムを保有せず最新の技術を利用できるのでシステム関連のコストを抑えられる。さらに事業の規模の成長に応じて柔軟に利用システムの規模を調整できるなどだ。

 その間口を一挙に広げたのがマイクロソフトが始めたクラウドサービス「Microsoft Azure」だ。2010年からサービスが開始され、現在、世界の19地域にデータセンターが置かれている。これは同じサービスを提供している他社の数倍の規模を誇る。日本でも2014年2月から埼玉県に「東リージョン」、大阪府に「西リージョン」が運用されており、いわゆるディザスタリカバリ(事業継続のための予防・回復措置)が可能になっている。
 「マイクロソフトのサービスの展開は速く、1〜2カ月おきに追加機能が出たりしています。今、今で見ればクラウドコンピューティングでは、マイクロソフトが一人勝ちするような勢いがありますね」

ITアーキテクト 稲邑 茂

 Azureは、認証やサービス間連携などで企業が独自に用意したシステム環境との連携が容易だ。またマイクロソフト系サーバーOSに装備されているActive Directoryなどの基本技術とAzureとの同期や連携も容易だ。
 さらにモバイルサービスなどの外部から社内ネットワークへのアクセスポイントとしての利用が可能であり、閉域網接続サービスの開始で、よりセキュアにAzure環境を経由して社内ネットワークに接続できるようにもなっている。
 「それでも既存のサーバーシステムとクラウドの接続は、まだ混乱した部分があります。ちょっとテクニカルな話になりますが、マイクロソフトのシステムには独特の"癖"のようなものがあり、それを理解していないと同期や連携はスムーズになりません。そうした点をお客さまにご説明でき、実装にあたって対応できるのが私たちの強みでもあります」

 ただ、パブリッククラウド上に重要なデータを置くことや運用ノウハウの不足などについてのユーザーの懸念は根強い。稲邑は、「ハイブリッド」という考え方でクラウドの未来を見ている。
 「クラウド型のメリットを享受し、一方で不安感を克服するには、データの種類、データの機密レベルなどを見極めてクラウドに移行するかどうかを決めなければなりません。その結果、パブリックなクラウドサービスと自社保有の設備をまたがるハイブリッドな環境になるではないかと見ています。複数のデータセンター間やサービス間の接続が必要になり、その複雑な環境の設計、構築、運用などのサービスやソリューションを提案する流れになると思います。その際、JSOLが長年培ってきたマイクロソフト系サーバーの基盤技術が生かされていくと考えています」

(2016年02月現在)

サーバーの歴史と時間軸を同じにしたSE人生→


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 前のページへ
  • 1ページ目
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新のインタビュー

グローバルの視点でSCMを改革する

"グローバルERPの導入に必要な方法論や手法を体系化して数々のグローバルプロジェクトを手がけきたアプリケーションコンサルタントをご紹介します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。