特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • 1ページ目
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 5ページ目
  • 先頭のページへ

「桶の法則」を人生訓として顧客に向かう

 伯井は京都市の出身で、1973年の生まれ。同志社大学の商学部を卒業した後、大手電機メーカーのシステム会社にSEとして入社した。IT社会の広がりに将来を託そうとしたのだが、なにしろプログラミングも初めてのことで、「研修内容についていけず、毎晩泣いていた」という。
 挫けそうになった、いや挫けていた伯井を救ったのは、ある先輩の一言だった。
 「何も知らない方が成長する。今は焦らなくてもよい。1年後には必ず結果が出る」
 先輩はそう言ってくれた。その言葉なければ、あらゆるITに精通した今の伯井はない。

 2001年には同社で高速移動体向け通信ネットワークシステムの構築プロジェクトに携わった。翌年には国際的なサッカーの大会が予定されており、訪れる外国人観光客などを対象に、移動中の車両からのインターネットサービスの提供が模索されていたのだ。
 「具体的にはFOMA+Wi-Fi、IPv4、IPv6によるインターネット実証実験に取り組みました。この仕事でネットワークそのものや、セキュリティーの監視・運用技術など現在につながるIT技術の全体像を学べたのは大きかったですね」

 JSOLの前身である日本総合研究所(2006年に日本総合研究所より分社)へ2003年に入社。当初はアウトソーシングサービス本部に所属してさまざまな企業に常駐してシステム開発や運用を支援してきた。こうした経験が、先に紹介した公共インフラ企業や情報システム子会社でのプロジェクトマネジメントにつながり、経験が花を咲かせるようになる。

ITアーキテクト 伯井 孝俊

 その経験から伯井には、「桶の法則」という自身のキャリアに対する考え方がある。
 基にあるのが「ドベネックの桶の法則」。これは19世紀のドイツの有機化学者リービヒが唱えた「最少養分律」を桶にたとえたものだ。リービヒの最少養分律とは、植物が健全に生育するには多様な無機成分が種類に応じて一定の割合で吸収される必要があるが、たとえ他の養分が豊富に供給されていても一成分が不足していると、その成分に起因して生育が悪くなるというものだ。
 ドベネックの桶の法則は、これを桶にたとえた。桶の1枚ずつの板が養分で、その高さがそろっておらず、ある1枚の板が短ければ桶に入る水の量は、その板に規定されてしまう。

 「技術に対する理解度、ビジネスパースンとしての営業やコンサル、開発などの力、そして後輩を育てる人材育成力などがバランスよく身についていなければプロとしての力量は低いということです。アウトソースの仕事で、いろいろな会社に常駐して仕事を続けてきましたが、そのすべてのものが役立っている訳ではありません。しかし、それらは自分が育つための大切な養分であり、関連する学びが加わると、役に立ってはいないと思えたものも生かされるようになる。つまり桶の板が伸びるのです。そんな考え方で仕事に向かってきました」

 ジョブヒストリーではそれを、「スパイク型人材」ともたとえている。靴底のスパイクは、それぞれの位置にあるものとして最適化されており、特定のスパイクが突出したりしていると歩きづらいし、こけて捻挫を起こしたりする。

 趣味はスキーと温泉、釣り。特に釣りは、常駐先のお客さまに誘われて始め、完全にはまってしまった。常駐先での発注者と受託者、上席と末席、会社の違いを超えて人がつながっていくのがたまらなく楽しかった。
 今は、船釣り、おか釣りなんでもOK。夏は週末ともなれば金曜日の夜から車に寝泊まりして各地の港を回っている。
 「伊豆や房総半島にあるすべての港で釣りをしました。すべての漁港の名前が言えますよ」
 高校時代の同級生である妻も巻き込んだ。「釣りは家族への食育です」とどや顔をする。しかし間を置かずに、「おいしい、と言ってもらえるのがうれしい」とポロッと本音が出た。

(2016年03月現在)


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 前のページへ
  • 1ページ目
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 5ページ目
  • 先頭のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

関連ソリューション

最新のインタビュー

グローバルの視点でSCMを改革する

"グローバルERPの導入に必要な方法論や手法を体系化して数々のグローバルプロジェクトを手がけきたアプリケーションコンサルタントをご紹介します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。