特集

特集

インタビュー

  • 1
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 5ページ目
  • 次のページへ

クラウド時代のシステム運用の管理・監視ビジネスを構築する

システム投資の効率化を求める動きは尽きることがない。それはシステム運用の管理・監視分野にまでおよび、それによってオンプレミスに対応したハウジングサービスが拡大してきた。そして今、クラウドという新たな利用形態が急速に普及し始めている。その波のなかで、JSOLとしてのシステム運用の管理・監視で新たなビジネスの構築に取り組んでいるのが、JSOL認定ITプロフェッショナル(ITアーキテクト)の宮本茂樹である。

システムのあらゆる技術要素を熟知する運用の管理・監視

 まず、自身が新本社ビルへの引っ越しと、新本社ビルの維持管理に関わるすべての事柄についての総責任者になったとイメージしてみよう。
 引っ越しの作業は膨大である。什器類や資料などの"断捨離"は、どんな基準で判断すればよいだろうか。引越業者との段取り設定もある。同じように新本社での什器類の手配があるし、停電を起こさないためにどうするか、快適な空調を維持するにはどうするか、はたまたセキュリティーはどう確保するかなどの難題がある。さらにはIT設備の引っ越しや切り換えをトラブルなしに行うにはどうしたらよいか等々。
 総責任者は、さまざまな事柄について熟知して万全の段取りを整えなければならない。

 「新本社ビル」を、「ITシステムの運用」に置き換えてみよう。より効率が良く低コストのシステムへのハードとソフトの両面の移行と移行後の安定した運用を維持するためには、物としてのコンピューターについてだけでなく、組み込まれているシステム、コンピューターの置かれる場所の空調や電力、ネットワークなど、システムについてのあらゆる技術要素に熟知していなければならない。
 宮本は、「私の仕事は、いわばシステムの設置場所を提供する不動産屋さんと、電力や空調などを管理するファシリティー屋さん、さらに日々のシステムの運用を管理・監視するシステムの運用管理者という3つの側面をコーディネートしJSOLのサービスとして構築、提供することです」という。

 「例えばサーバーがたくさん置かれているセンターは、室温が22〜23度で維持されており、面積当たりのサーバー台数の密度が増せば必然的に発熱で室温が高くなるので設計を見直さなければなりません。またサーバーが物理的に壊れてシステムがダウンすることもありますし、悪意のある第三者がシステムに侵入してくるかもしれません。またSAPなどの基幹業務向けソフトウエアごとによってトラブルの発生要因も異なります。それらをトータルに管理・監視しています」

 これらを1つのパッケージとしてお客さまに提供しているのがJSOLのハウジングサービスだ。お客さまが所有するサーバーをJSOLのセンター内に設置してJSOLがITシステムを運用する。システムには24時間365日、オペレーターが貼り付き、トラブルが発生しないように管理・監視する。
 データセンターとシステムの運用時間に合わせて勤務するオペレータを自社で保有する形態と比べコストを大幅に低減できることから多くの企業がハウジングサービスを利用している。

 「いわゆる高速大容量のネットワーク網が整備されてきた2000年ごろからハウジングが注目されるようになり、運用管理サービスがビジネスとして成立するようになりました。JSOL自身がお客さまのシステムを開発し、そのままJSOLのハウジングとして運用しているケースも数多くあります。作り手の下でシステムが動いているのでお客さまの安心度も高くなるのです」

(2018年01月現在)

2月間11回分割の大規模ハウジングプロジェクトを指揮する→


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 1
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 5ページ目
  • 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新のインタビュー

グローバルの視点でSCMを改革する

"グローバルERPの導入に必要な方法論や手法を体系化して数々のグローバルプロジェクトを手がけきたアプリケーションコンサルタントをご紹介します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。