特集

特集

インタビュー

  • 1
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 次のページへ

国産ERPのBiz∫を、JSOLの新しい柱に!ゼロから立ち上げた新事業成功のポイント

ERPとしてSAPを主力に扱っているJSOLでは、2012年国産ERPのBiz∫を新しい事業として扱うことにしました。そして今では、JSOLにおける事業の柱の一つにまで成長しています。その事業の立ち上げから関わり、中心になって推進してきたJSOL認定プロフェッショナル アプリケーションコンサルタントの樫田健治が、ERP導入のポイントと新しい取り組みへの挑戦について語ります。

自身の専門分野とアプリケーションコンサルタントの活動について

お客さまに120%の満足を感じていただけるご提案を

 私は、企業の基幹業務を支えるERPの導入支援をしています。主に会計経理業務、経営管理に関する課題解決に携わり、Biz∫とSAPを中心にERPの提案から構築、運用まで幅広く関わる形で、お客さまのビジネスを支援しています。

 ここ数年は、ICT技術の急速な進歩に対応するように、お客さまの要望もどんどん複雑化、高度化していると感じています。例えば、かつては新しいシステムを導入するだけで、ある程度の業務改善や効率化が見込めたものですが、最近は、働き方改革や作業負担の軽減、戦略策定などを目的に、新しいテクノロジーである「モバイル」「AI(人工知能)」「RPA(ソフトウエアロボットを活用した業務の自動化)」「クラウド」などの導入を要望されるお客さまも増えています。

 また、お客さまのビジネス環境も変わってきており、ERPのリプレースの際に、「グループ全体の経営状態を可視化したい」「別々のシステムを一つに統合したい」という要望が上がってくることがあります。それらの要望を受けて、私たちはICTのプロとして、実現可能な案を提案し続けてきました。

 周辺システムの導入も、その案の一つです。複雑なシステムを構築する際には、ERPパッケージだけでなく、それを拡張するシステムも必要になってきます。例えば、導入するERPがSAPである場合は、SAP Business Warehouse(BW)や、情報をビジュアルな形でレポートするSAP Business Objects(BO)などのツールを一緒にご提案することで、経営状態の可視化が実現できます。

 このように新しい技術の提案を適切に行うためには、私たちエンジニアも自分の専門分野だけを見ていればいいというわけにはいきません。そのため、「お客さまのビジネス全体を俯瞰して捉えたうえで、何が最適なのかを熟考する」ことを常に意識しています。つまり、全体最適というアプローチです。特に大規模案件では、全体最適という視点からスタートして考えることを心掛けています。

 そのような意識で取り組んだ結果、あるお客さまからは「システムを活用して、グループ全体の業績がスピーディーに、求める粒度で見られるようになった」と喜びの声をいただきました。こちらの案件では、利益の確定に1カ月程度かかっていたものが、新しいシステムの導入により日次で見られるようになりました。また売上や利益が取引先や製品、部門といった単位で見られるようになり、経営資源の最適な配分を行うことができるようになりました。

 このように私たちは、全体最適という視点で「お客さまの業務、経営判断に必要な情報を提供し、会社全体の生産性を向上させる」という目的をもって、ビジネスに寄与するERPの導入、運用を支援しています。そして、お客さまに120%の満足をしてもらうこと。それが私たちの仕事であると考えています。

(2020年02月現在)

注力してきた取り組みについて→


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 1
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新のインタビュー

国産ERPのBiz∫を、JSOLの新しい柱に!ゼロから立ち上げた新事業成功のポイント

アプリケーションコンサルタントの樫田健治が、ERP導入のポイントと新しい取り組みへの挑戦について語ります。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集AI活用

さまざまな業務におけるAIの活用や業務の自動化をJSOLがサポートします。

特集AI活用

新しい価値を創出し、競合他社に対して競争優位になるためにJSOLがご支援します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。