会社情報

お知らせ

2018年05月30日

株式会社JSOL
対話型AI自動応答システム導入サービスの提供開始
〜照会応答業務の迅速化・効率化が可能に〜
 株式会社JSOL(代表取締役社長:前川 雅俊、以下 JSOL)は、株式会社三井住友銀行(頭取CEO:髙島 誠、以下 三井住友銀行)が日本マイクロソフト株式会社と共同開発した対話型AI自動応答システム(以下 SMBCチャットボット)の導入サービスの提供を2018年5月30日より開始しました。
 本サービスは「SMBCチャットボット」を製品化し、SMBCグループ外のお客さまへシステム提供を行うものです。本サービスによって社内照会対応業務の効率化や、お客さま照会対応業務のサービス向上を図ることが可能になります。

【背景】

 三井住友銀行においては2017年8月より独自開発した「SMBCチャットボット」を活用、その後の効果検証をふまえ、行内業務およびSMBCグループ各社での活用を拡大しています。
 今回、その性能優位性を鑑み、SMBCグループだけでなく、グループ外の企業・団体でも活用可能なかたちに製品化し、外部提供が開始されました。JSOLは「SMBCチャットボット」の製品使用権を取得し、広くお客さまに高性能な対話型AI自動応答システムの導入サービスを提供します。

【サービスの特徴】
 本サービスは、「SMBCチャットボット」をより簡便に導入、運用可能に製品化したものです。企業が対話型AI自動応答システムを導入・運用する際に、課題となり得ることを極力解決するために、SMBCグループで蓄積されたノウハウをもとに開発された機能が盛り込まれているシステムです。最大の特徴である自然な対話形式による回答とその回答精度、AIの教育にかかる学習負荷を軽減する仕組みなどが、取り入れられています。本サービスは日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azureをベースとしたクラウドサービスとして提供します。

【今後について】
 JSOLでは、今後もAIなどの高度な先端技術を用いた各種サービスをお客さまに提供するとともに、お客さまのDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進やデジタル経営の実現をサポートする先進的なICT企業を目指します。

■日本マイクロソフト株式会社様からのエンドースメント
日本マイクロソフト株式会社
パートナー事業本部 ソリューション&ビジネス開発本部 業務執行役員 本部長 佐藤久様

日本マイクロソフトは、この度Cloud Platform コンピテンシーのGoldパートナーであるJSOL様が新たに対話型AI自動応答システム導入サービスをMicrosoft Azure上で構築し提供開始されたことを歓迎いたします。 継続的な業務効率の向上と、働き方改革を含む人的資源の有効活用を目指す企業の活動を支援するJSOL様が提供するサービスが、様々な課題解決のためにAIの民主化を加速すると確信しております。 日本マイクロソフトは今後もJSOL様とともに日本におけるデジタルトランスフォーメーションの推進に貢献してまいります。
本お知らせに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
本お知らせに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

【本サービスについてのお問い合わせ先】

株式会社JSOL 金融・公共ビジネス事業部 中島
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。