会社情報

ニュースリリース

2011年05月11日

株式会社JSOL
横浜銀行が、JSOL『SWIFTサービスビューロ』への参加を決定
 株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田邊 仁一、以下「JSOL」)が提供する『SWIFTサービスビューロ』に、株式会社横浜銀行(本店:神奈川県横浜市、頭取:小川 是)の加盟が決定しました。

 横浜銀行は、神奈川県を中心に、地域に根ざした銀行として地域とのつながりを意識した活動を積極的に行っている金融機関です。企業のグローバル化の進展や金融行政・競争環境の変化を見据え、神奈川県・東京西南部を中心とした魅力的なマーケット地盤を生かした企業価値向上を支援しています。同行の『SWIFTサービスビューロ』の加盟は、堅牢なセキュリティ対策と豊富なコンティンジェンシー・プランによる高い安全性と、業務負荷の軽減ならびに日本最大の加盟数を誇る豊富な導入実績の評価により、決定に至りました。

『SWIFTサービスビューロ』について
SWIFTのネットワーク(SWIFTNet)と接続する際に必要となるSWIFT接続サービスを、金融機関にて構築・運用するのではなく、JSOLが保有するSWIFT接続システムを複数のユーザで共同利用するASPサービスです。
http://www.jsol.co.jp/solution/swift.html

□特長
SWIFT純正パッケージ「SWIFT Alliance Access」を採用
SWIFT接続でのグローバル標準であるSWIFT Alliance Access (SAA)を採用。
自営接続時と操作性が変わることなく、制度対応にも確実に対応します。

豊富なサービスメニュー
SWIFT接続のオプションサービスとして、アンチマネーロンダリング"SafeWatch"の共同利用版を提供しています。また、各金融機関で利用中の貿易ドキュメントシステムや外為勘定系システム、市場系システム等との連動を多数実現しており、共同利用型のサービスビューロにおいても、幅広い顧客ニーズに柔軟に対応しています。

充実した各種セキュリティ・災害対策
メガバンクの勘定系システムが設置してある強固かつ堅牢なデータセンターで運営しているほか、ユーザサイドにも配慮した設計をしています。
 ・FISC基準準拠
 ・サーバー二重化
 ・回線二重化
 ・24時間監視
 ・被災サイトの設置(メイン:東京 サブ:大阪)
 ・東京/大阪2拠点(JSOLオフィス内)で被災時のユーザ用利用端末を用意

□導入実績
BIC数58、導入金融機関数42と豊富な導入実績(予定含む)を誇り、日本最大のサービスビューロとして安定稼動しています。(2011年4月現在)


■株式会社JSOL
http://www.jsol.co.jp/

所在地 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
代表者 代表取締役社長 田邊 仁一
資本金 50億円
株主 (株)NTTデータ、(株)日本総合研究所
設立 2006年7月
事業内容 株式会社JSOL(旧社名:日本総研ソリューションズ)は、前身の日本総研時代から培ってきた高度な技術と業務ノウハウを基軸に、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のIT投資効果最大化に貢献するトータル・サービス・プロバイダーです。
2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更すると共に、NTTデータグループ及び三井住友フィナンシャルグループの一員として、より幅広いニーズにお応えできるサービス・パートナーとして進化を遂げました。

本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

【ご照会先】

一般のお客様
株式会社JSOL 金融・公共営業本部 征矢 美希(そや みき)
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

報道関係者様
株式会社JSOL 経営企画本部 仙波
TEL:080-3250-4585 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。