株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田邊仁一、以下「JSOL」)は、SAPアプリケーションの運用基盤に最適化したクラウドサービスJ-Ship(JSOL-SAP High availability IaaS Platform)の提供を開始しました。
 本サービスは株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:山下 徹、以下「NTTデータ」)が提供するデータセンタサービス(共通IT基盤サービス ACORE®)をベースに構築しています。
 本サービスにより、これまでSAPユーザー企業の課題となっていた、ハードウェアリプレースに伴う移行、運用における負荷やハードウェアの初期費用を抑えることができます。
 本サービスは既に4社への提供が決定しており、今後3年間で12億円の受注を計画しています。

1.J-Shipご提供の背景

 既にSAPアプリケーションを導入している企業は、ハードウェアの保守切れに伴い、新規ハードウェア購入にかかる初期費用や、データ移行時のリスクが課題となっていました。
 また、新規にSAPアプリケーション導入を検討している企業も、ハードウェア初期費用の大きな負担やシステム保守・運用の負荷の大きさも導入検討時の大きな課題となっています。
 さらに企業のグローバル展開といった経営環境の変化に伴い、データ量の増加、システム構成の変更に柔軟に対応できないことも今後の課題として考えられます。

2.クラウドサービスに求められるポイント

 近年はこうした背景に伴う課題を解決する方法としてクラウドサービスの利用が注目されていますが、SAPアプリケーションのような基幹システムの運用は難易度が高く、実現するには一般的なクラウドサービスに求められるような利用の簡便性に加え、高い信頼性とセキュリティ強度の高い運用品質が求められます。

3.SAPアプリケーション向けクラウドサービス「J-Ship」について

 JSOLは長年に亘りSAPアプリケーションによる基幹システムの導入、保守、運用を手がけて参りました。
 また、NTTデータは大規模システムの運用管理の実績により、安全かつ廉価なサービスプラットフォームの実装ノウハウを有しています。
 この度、両社のノウハウを合わせ、「ハードウェア導入にかかる初期投資を抑え」、「システム運用の品質向上と費用を軽減」するソリューションの提供を開始します。

これまでのSAPアプリケーションハード入替サイクル(イメージ)

これまでのSAPアプリケーションハード入替サイクル

J-Ship導入後のハード入替サイクル(イメージ)

J-Ship

J-Shipの特徴

 SAPユーザー企業がニーズとしてもつシステム運用の「信頼性の確保」と「初期コスト、運用コストの抑制」を満たすため、以下3つのポイントを特徴として提供します。

  1. お客様のシステム規模に応じて最適なサービスレベルで利用

    小規模システムから大規模システムまで対応できるように4グレードのモデルを用意しました。
    各グレードでSAPアプリケーション運用に求められる信頼性・性能を考慮したインフラ基盤を提供します。
    お客様特有の運用要件にもオプションで対応可能です。

  2. 高い信頼性と豊富な実績を持つデータセンタでの運用

    セキュアで堅牢なだけでなく、経済性と環境に配慮したNTTデータのグリーンデータセンタ®からJ-Shipを提供します。

  3. 多くの運用実績を持つ運用サービスを提供

    1996年のSAPビジネスの開始以来、JSOLが多くの実績から得たノウハウを反映した業務運用サービスを提供します。
    また、国内最大級のデータセンタ事業者であるNTTデータの保有する運用ノウハウを反映したインフラ運用サービスを提供します。

SAPシステム向けクラウドソリューション

http://www.jsol.co.jp/solution/sap_cloud.html

お客様が享受できるメリット

  1. ハードウェア保守切れに伴う新規購入のライフサイクル負荷の軽減

  2. 初期投資コストだけでなくシステムライフサイクルにおけるTCOも低減
    (5年総額で当社従来比の約20%の削減)

  3. SAPアプリケーションの運用レベル向上

  4. 一時的なテスト環境の構築、利用といった要望にも容易に対応

4.サービスイメージ図

システム全体概要

システム全体概要
J-Shipイメージ

株式会社JSOL

所在地

東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル

代表者

代表取締役社長 田邊 仁一

資本金

50億円

株主

(株)NTTデータ、(株)日本総合研究所

設立

2006年7月

事業内容

株式会社JSOL(旧社名:日本総研ソリューションズ)は、前身の日本総研時代から培ってきた高度な技術と業務ノウハウを基軸に、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のIT投資効果最大化に貢献するトータル・サービス・プロバイダーです。
2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更すると共に、NTTデータグループ及び三井住友フィナンシャルグループの一員として、より幅広いニーズにお応えできるサービス・パートナーとして進化を遂げました。

  • 「グリーンデータセンタ®」「共通IT基盤サービス ACORE®」は株式会社NTTデータの登録商標です。

  • 本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。

  • 本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

ご照会先

一般のお客様
株式会社JSOL 営業統括本部 製造・流通営業本部
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033

報道関係者様
株式会社JSOL 経営企画本部 仙波
TEL:080-3250-4585 FAX:03-5859-6033