会社情報

ニュースリリース

2015年06月30日

株式会社 JSOL
国際EDIとサプライチェーンソリューションのDiCentral社と提携
 株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 充孝、以下「JSOL」)は、DiCentralジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:豊田 充、以下「DiCentral」)と提携し、DiCentral社の国際EDIおよび売上分析・在庫管理といったグローバル・サプライチェーン分野のクラウドサービスとパッケージソリューションの取り扱いを開始します。

 JSOLは1983年に中小企業VANサービスを開始以来、幅広い業界と業務に数々のEDIサービスを提供してまいりました。今後は、企業活動がますますグローバル化している現在、海外における豊富な経験を持つパートナーとの戦略的提携によって、より付加価値の高いグローバル・サプライチェーンソリューションを提供してまいります。
 一方、DiCentralは2000年に米国・ヒューストンに設立以来、北米およびアジアを中心にグローバルなEDIサービスとサプライチェーンソリューションで急成長しています。

 本提携に関し、DiCentralの創業者でCEOのThuy Maiは以下のように述べています。

 「DiCentralにとって、日本はサプライチェーンの重要な地域であり、我々のソリューションをより広いアジア市場に提供するためには上質のパートナーが不可欠です。DiCentralはJSOLと出会えただけでなく、我々の売上と導入数の目標を引き上げる提携ができ、非常に興奮しています。我々は、長期にわたる相互に有益な関係を楽しみにしています。」

■DiCentralジャパン株式会社
http://www.dicentral.com/ 別ウィンドウで開く
所在地 東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル
代表者 代表取締役 豊田 充
設立 2015年1月
DiCentral 本社は米国・ヒューストン(CEO:Mr. Thuy Mai)
米国、カナダ、香港、中国、ベトナム、インド、日本に拠点を持つ
事業内容 2000年の設立後、今日ではDiCentralはEDIソフトウェアとサービスの代表的なグローバルな革新者です。我々の広範なソリューションは、サプライチェーン全体にわたるシームレスなデータ交換を可能とし、川上から川下まで一貫したコミュニケーションストリームを作り上げます。DiCentralのSIソリューションは、規模・成長度やビジネス固有の要件に柔軟に対応します。加えて、DiCentralは、データ交換・倉庫管理・売上分析・異常値分析やEDIサービス等の補完しあうサプライチェーン用のアプリケーション一式を開発・販売しています。

■株式会社JSOL
http://www.jsol.co.jp/
所在地 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
代表者 代表取締役社長 中村 充孝
資本金 50億円
株主 株式会社NTTデータ、株式会社日本総合研究所
設立 2006年7月
事業内容 株式会社JSOLは、プロセス系製造業を中心としたERPの導入に代表される業務ソリューション分野において、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、製造・流通・サービス・金融・公共などさまざまな業種のお客様のIT投資効果最大化に貢献するトータル・サービス・プロバイダーです。
2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更すると共に、NTTデータグループおよび三井住友フィナンシャルグループの一員として、より幅広いニーズにお応えできるサービス・パートナーとして進化を遂げました。

本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

【ご照会先】

一般のお客様
株式会社JSOL 流通・サービスビジネス事業部 営業グループ 野口
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

報道関係者様
株式会社JSOL コーポレートマネジメント部 新開
TEL:090-4847-3065 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。