セミナー情報

セミナー情報

JSOL EDIセミナー EDIの新潮流を俯瞰して
〜グローバルSCM・金融連携・流通BMS〜

日本企業における急激なグローバル化の進展に伴い、全産業でグローバルサプラ イチェーン構築の機運が高まっています。海外への進出、および海外事業の拡大と同時に、グローバル対応として、調達・生産・物流・販売の全体最適化が重要 です。また、新興国では情報基盤の整備も急ピッチに進められており、サプライチェーンでのEDIの活用も重要となります。
本セミナーでは、急速に変化を続ける日本企業の未来を予測するとともに、サプライチェーンの観点からグローバル対応のヒントをご紹介します。


※お申し込み受付は終了致しました。

【開催概要】
タイトル JSOL EDIセミナー EDIの新潮流を俯瞰して
〜グローバルSCM・金融連携・流通BMS〜
日時

2015年01月27日 (火) 14:30〜17:30
受付開始 14:00 〜
交流会 17:45 〜
※名刺を2枚ご用意ください。
※セミナー終了後に交流会があります。

会場

株式会社JSOL 東京本社セミナールーム(地図
※7F受付けにお越しください。

参加費 無料
定員 40名 ※定員になり次第受付を終了します。
主催 株式会社JSOL
協賛 株式会社日本総合研究所
株式会社データ・アプリケーション
【セミナープログラム】
14:40〜15:30

変動期のグループ・グローバル経営の方向性
株式会社日本総合研究所
社会・産業デザイン事業部長 代表ディレクター 山田 英司

日本企業においては国内の厳しいマクロ環境を踏まえて、これまでも新興国を中心としたグローバル展開に傾注してきましたが、近年においては、これらの動きをM&Aやアライアンスの推進で実現するケースも増加しており、マネジメント手法も再考する時期に入りつつあります。
今回のセミナーにおいては、マクロ環境のトレンドに触れつつ、これらを踏まえてどのようなグループ・グローバル経営が指向されるかについての解説をします。

15:30〜16:20

EDI/SCMの近未来
株式会社データ・アプリケーション
エグゼクティブコンサルタント 藤野 裕司

これまでも、「SCM」や「グローバルサプライチェーン」の話題は、数多 く取り上げられてきました。しかし、ここにきてその動きに変化が出てきています。SCMは全体最適化に向けて、グローバルサプライチェーンは国内・海外を含めた相互連携を目指して、新たな検討が始まりました。また、 これまでほとんど接点がなかった産業界と金融業界も、資金移動以外での連携機運が芽生えています。
これらの動きを、わかりやすく簡単にご紹介します。

16:30〜17:20

サプライチェーンを支えるJSOL EDIサービスの最新動向
株式会社JSOL
基盤ソリューション事業部 コンサルタント 津田 聡

近年、グローバルサプライチェーンの分野でもEDIを活用した情報連携の動きが出始めています。弊社でも、国内外問わずEDIリーチを広げるべくサービス機能の拡充を続けています。
弊社の最近の拡張機能について、流通BMSの動向やご利用事例を交えながらご紹介させていただきます。

※セミナーのスケジュール・内容については、予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

※お申し込みは、(株)シャノンのサービスを利用しています。

セミナープログラム印刷用[PDF]

上記セミナーに関するお問い合わせ先:rfi@jsol.co.jp

実施予定のセミナー >>

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。