昨今ランサムウェア攻撃による被害が急増し、各企業はセキュリティ強化に取り組んでいますが、高度化するサイバー攻撃に対して、単一のソリューションでは防御することが困難になっています。

本ウェビナーでは、ランサムウェア対策を体系的に解説するとともに、現状のセキュリティ課題を可視化する方法と、複数のサービス・ソリューションを用いて多層の防御システムを構築する方法についてご紹介します。

開催概要

日時

2021年12月10日(金)14:00~15:00

会場

Webex EventsによるLive配信
※ ウェビナーは、シスコシステムズ合同会社のWebexを利用します。
※ 参加者の方にはメールにてセミナーURLをお知らせします。

対象

経営企画、情報システム部門、セキュリティ担当者様

参加費

無料(事前登録制)

主催

株式会社JSOL

共催

兼松エレクトロニクス株式会社
株式会社ブロードバンドセキュリティ

プログラム

14:00-14:05

本日のアジェンダご説明

14:05-14:15

ランサムウェア対策の解説

ランサムウェア対策を体系立ててご説明し、セキュリティレベルを高める対策について解説します。

株式会社JSOL

14:15-14:25

ランサムウェア対策総点検

現状のセキュリティ課題を可視化するためのランサムウェア対策総点検のサービスをご案内します。

株式会社ブロードバンドセキュリティ

14:25-14:35

エンドポイント対策/EDRベストプラクティス

従来のアンチウィルスソフトは、ランサムウェアに感染してしまうとその後の被害拡大を防ぐことができません。常にエンドポイントの挙動をチェックすることで、情報漏洩や感染拡大を防止する方法についてご説明します。

株式会社ブロードバンドセキュリティ

14:35-14:55

データバックアップソリューション「Rubrik」の紹介

ランサムウェア攻撃からの最後の砦としてデータを保護し、迅速に復旧を可能にするバックアップソリューション「Rubrik」をご紹介します。

兼松エレクトロニクス株式会社

  • タイトル、内容は変更になる場合がございます。

  • 同業他社およびその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。

  • お申し込みは、(株)シャノンのサービスを利用しています。

上記イベントについてのお問い合わせ

お問い合わせ