昨今の経営テーマとして標榜されるデジタル経営を実践する上で、最も重要な資産となるのは各企業が保有するさまざまな"データ"です。
データを利活用するためには、基幹系から情報系までさまざまなシステムのデータの整合性を保つことが重要ですが、マスターが個別最適化されており、マスターデータ管理(MDM)に悩まされているケースは多く見受けられます。

この課題に応えるには、管理業務と合わせたMDMツールの導入となりますが、従来のスクラッチを軸とした開発手法やベンダー依存型のシステム導入では、柔軟かつ迅速な対応は困難です。

本セミナーでは純国産MDMパッケージとして業界のリーディングカンパニーに採用実績の多いJ-MDMの製品紹介&事例をご説明します。さらに、MDMシステムを短納期かつ低コストでの導入を可能にする機能(ローコード開発機能)についてデモンストレーションを交えてご紹介させて頂きます。

開催概要

日時

2021年12月14日(火)15:00~16:00

会場

Webex EventsによるLive配信
※ ウェビナーは、シスコシステムズ合同会社のWebexを利用します。
※ 参加者の方にはメールにてセミナーURLをお知らせします。

対象

マスターデータ管理に関心がある方、バラバラに散在するデータにお困りの方

参加費

無料(事前登録制)

主催

株式会社JSOL

プログラム

15:00~16:00

純国産MDMパッケージJ-MDMとは?

J-MDMのサービス内容紹介とあわせて、最新機能についてデモンストレーションを交えてご紹介いたします。
-DX時代のMDMに求められる機能・役割とは?
-MDM基盤をクラウドコンピューティングサービス上で利用可能
-ローコード開発を可能にしたJ-MDMのデモンストレーション

株式会社JSOL
法人ビジネスイノベーション事業本部 デジタルソリューション第一部
有澤 太

  • タイトル、内容は変更になる場合がございます。

  • 同業他社およびその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。

  • お申し込みは、(株)シャノンのサービスを利用しています。

上記イベントについてのお問い合わせ

お問い合わせ