~ 分子動力学ソフトウェア「GENESIS」(※1)の最新バージョンを紹介! ~

株式会社JSOLは GENESIS Users' Group(運営:株式会社理研数理(※2))と連携して第3回研究会を共催します。今回は、2022年夏にリリースが予定されている分子動力学(MD)ソフトウェア「GENESIS」Ver. 2.0の紹介とデモンストレーションおよび GENESIS の高速化手法について、理化学研究所の杉田先生(GENESIS Users’ Group会長)、小林先生、Jung先生にそれぞれ講演いただきます。GENESIS の最新情報を知る絶好の機会となりますので、ぜひご参加をご検討ください。

GENESIS Ver. 2.0の特長
・QM/MM (Quantum Mechanics/Molecular Mechanics) 法、全原子MD、粗視化MDが利用可能
・多くの機能を実装
・スーパーコンピュータ「富岳」での最適化
・GENESIS Ver. 1.X系よりも高速(時間刻み⊿tの拡大)
・フリーソフトウェア(LGPLv3)として配布
・GENESIS Ver. 2.0用の新しいチュートリアルがオンラインで利用可能

※1:「GENESIS」は、国立研究開発法人理化学研究所(以下、理化学研究所)を中心に開発している分子動力学ソフトウェア(フリーソフトウェア:LGPLv3で配布)で、生体分子を含むさまざまな分子システムのダイナミクスを計算します。
特長の一つである超高並列性能により、スーパーコンピュータ「富岳」上で10億原子からなる分子混雑環境系のシミュレーションを実現した一方で、生命科学や創薬に加え材料開発分野での応用計算も念頭に種々のアルゴリズムを実装し、GPU対応など汎用化を進めています。
今後、産業界などで GENESIS の幅広い活用が期待されます。

※2:株式会社理研数理(以下、理研数理)は、GENESIS の開発拠点である理化学研究所計算科学研究センター粒子系生物物理研究チーム(杉田有治チームリーダー)と連携し、GENESIS の利用が見込まれる国内の企業ユーザーと開発者が集うユーザーグループ「GENESIS Users' Group」を運営しています。

開催概要

日時

2022年08月23日(火)13:00~15:00

詳細・お申し込み

GENESIS Users' Group第3回研究会の参加申込みは、下記のページからお願いします。

(イベントの詳細、お申し込みは株式会社理研数理のWEBサイトをご覧ください)

 
なお、研究会への参加に際しては、GENESIS Users’ Groupへの入会が必要です。
GENESIS Users' Groupへの入会案内は、下記のページをご確認ください。

会場

オンライン開催(Zoom開催)

参加費

無料(事前登録制)

主催

GENESIS Users' Group(運営:株式会社理研数理)

共催

国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センター
一般社団法人ライフ インテリジェンス コンソーシアム
株式会社JSOL

発表者

杉田 有治(理化学研究所 計算科学研究センター 粒子系生物物理研究チーム チームリーダー)
Jaewoon Jung(理化学研究所 計算科学研究センター 粒子系生物物理研究チーム 研究員)
小林 千草(理化学研究所 計算科学研究センター 運用技術部門 ソフトウェア開発技術ユニット 技師)

言語

日本語、英語

テーマ

・GENESIS Ver. 2.0の紹介(発表者:杉田 有治) ※日本語
・GENESIS を使った高速化手法(MD)、GPUの利用(発表者:Jaewoon Jung) ※英語
・GENESIS Ver. 2.0を使ったデモンストレーション(発表者:小林 千草) ※日本語
・質疑応答 ※日本語

備考

特になし

お問い合わせ

上記イベントについてのお問い合わせ

お問い合わせ