お取引先の業況変化をより早く検知し、早期提案へ

AI技術を活用しお取引先企業の口座情報などの動態データを分析することで、タイムリーにお取引先企業の業況の変化を検知するシステムを株式会社三井住友銀行と共同開発しました。本システムをクラウド型のサービスとしてご提供することで、金融機関の与信管理業務の高度化を支援します。

業務

業種

キーワード

こんな課題にJSOLがお答えします

課題

  • 決算書を確認するまでは業況変化に気づきにくい

  • 入出金の動きが多く、人手でチェックすることが難しい

JSOLバリュー

  • タイムリーな検知 ・ 高い精度 (三井住友銀行における実証実験より)
    ・決算書ベースのチェックより3~15カ月前に業況変化を検知可能
    ・従来の財務情報に基づく分析対比、約10ポイント精度向上

  • セキュアな環境で早期に利用可能
    ・三井住友銀行の保有するさまざまな業種・規模の企業の情報を基に学習済みのモデルをNTT DATAのセキュアなクラウド環境でご提供

  • 口座情報の動きを可視化
    ・口座情報などを時系列で見える化し、効率的に深堀調査可能

サービス内容

導入効果(例)

  • お取引先企業とのリレーション強化
    お取引先企業の業況変化をより早く検知する可能性が高まり、早い段階でお取引先との会話の機会を創出し事業支援・改善に向けたプロアクティブなご提案を行うなど、より高い付加価値の提供が見込まれます。

  • 与信管理業務の効率化
    担当者一人あたりのお取引先企業数増加に伴う業務量の増加において、業務量を抑制する効果が見込まれます。

サービス提供方法

(※1) 全国ほぼ全ての金融機関が利用する「ANSER®」のシステム基盤を活用した、高い信頼性とセキュリティーを有している金融機関向けクラウドプラットフォーム。
(※2) 三井住友銀行における学習済みモデルを利用。
(※3) AI学習基盤により、AI学習済みモデルは定期的に最新盤へ更新実施。
(※4) Anser IPはNTT DATAが提供するセキュアなIP-VPN回線。ANSERセンターとの既設NW(eBNW)の活用も可能。

関連リンク

本ソリューションについてのお問い合わせ

金融・サービス事業本部

お問い合わせ