金融機関の煩雑な決算業務の効率化を実現

JSOLが10年以上に渡り培ってきた豊富な業務ノウハウを盛り込んだ「延滞未収管理システム」は、金融機関の煩雑な決算業務の効率化を実現します

業務

業種

キーワード

こんな課題にJSOLがお答えします

課題

  • 決算における未収利息のとりまとめが、営業店主体で負担が大きい。

JSOLバリュー

  • 本部主体の運用により、営業店での事務負担を軽減

  • 手作業の軽減により、税務リスクの回避・内部統制強化を実現

サービス内容

延滞未収管理システム

銀行決算の未収利息まとめを、3時間程度(実作業時間)で実行できます。未収利息を数時間で自動算出し、決算時の業務効率化および税務リスクの回避が図れます。

主な機能
  • 計上・不計上未収利息の自動算出(税務・会計基準別)

  • 当局宛報告資料およびディスクロジャー資料の作成

  • 計上未収利息貸倒償却予定対象先の明細出力

  • 店舗別・科目別未収利息一覧、税務・会計別など各種帳票出力

  • 自店管理債権の管理

延滞未収管理システム・パッケージ 図説

導入実績

A銀行 様 

導入システム

延滞・未収管理システム

導入背景・狙い

決算向け未収利息算出のために、繁忙期に営業店で膨大な事務負担が発生しており、システム導入による業務効率化が求められていた。

導入内容・特長

勘定系および自己査定システムとの密なデータ連携により、決算業務全体の効率化を考慮して本パッケージを導入し、会計基準・税務基準の未収利息算出の自動化に寄与した。

導入効果

営業店での事務負担を大幅に軽減し、決算業務日程の短縮に成功。同時に、システム化による内部統制強化および税務リスクの回避を実現。

本ソリューションについてのお問い合わせ

金融・サービス事業本部

お問い合わせ