ソリューション

ソリューション

需要予測・在庫最適化ソリューション

在庫の適正化には、需要動向の正確な把握に基づいた商品確保が重要です。また、製・配・販における全体最適を目指す取組み(SCM、CPFR)においても、各企業間での情報共有は、需要動向を基にした販売予測値が、MD活動の最初の基準値となります。
JSOLは、個々の商品毎に需要予測を行い、目標とする在庫回転率(適正在庫数)を目指して在庫基準点を常に見直すことで、自動発注による発注サイクルと発注数量のコントロールの実現を支援します。在庫数の適正化を図ることで、欠品/機会ロスの削減、不動在庫削減、発注業務効率化に貢献します。

ソリューション内容・手法

定期発注・定量発注だけでは、需要動向にあわせた適正な在庫数の確保は困難であり、また人手を介するため作業コストが発生することもあります。在庫の適正化のためには、販売実績(POSデータ等)に基づいて個々の商品・商品カテゴリー毎に需要動向を把握し、必要な商品を必要なだけ確保していく活動が重要です。

JSOLは、最小コストで最大パフォーマンスを発揮できるよう、既に稼動している既存システムの外側にシステムを構築することで既存システムへの影響を最小化し、“安く”“早く”“品質よく”を在庫適正化を実現します。

ソリューションの狙い

ソリューションの狙い 図説

システム・イメージ

システム・イメージ 図説

※ 需要予測システムは導入実績が豊富でリーズナブルなパッケージ(ForecastPRO *1)を使用
様々な統計手法(指数平滑法、ジェンキンス法etc)から最適な手法を自動的に選択する
*1 ForecastProは株式会社日立東日本ソリューションズの商標です。

ソリューションのポイント

  1. 1.PDCAサイクルを支援するソリューション体系

    システム構築前後での効果測定サービスを提供しており、導入前の簡易診断サービスにて、実データによるシミュレーション・事前効果分析を行うことで、システム投資効果を評価します。(「効果なし」と判断された場合、以後のプロジェクト中止も含めて判断を行います。) また、導入後の効果診断サービスにて、実際の業務プロセスで発生している在庫管理状況を診断し、定期的にシステムの評価・改善を行います。システム構築前後の効果測定サービスを活用していただくことで、システム投資の有用性・有効性を高めるためのPDCAサイクルを実施することが可能です。

    ソリューション・メニュー一覧

    ソリューション・メニュー一覧 図説
  2. 2.個社別の要件に対応する在庫最適化テンプレート

    JSOLの需要予測・在庫最適化ソリューションは、需要予測と在庫最適化システムで構成されており、単なる需要予測ツールの提供ではなく、個社別の要件に対応する在庫管理の実現します。

    • ●需要予測:標準として"ForecastPRO"を使用。
    • ●在庫最適化:基本的な発注点算出ロジックをテンプレート化。

対象業種

  • 小売・量販店・卸売業
  • 消費財・食品・飲料

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

ソリューションのお問い合わせ 株式会社JSOL 流通・サービスビジネス事業部 TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033 MAIL:rfi@jsol.co.jp

関連特集

急成長と成熟が同時進行する流通ビジネスソリューションに求められるのは「俊敏性」と「一体感」

今後の流通業界に求められるITソリューションについて語ります。

最新の顧客事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

注目のソリューション

システム共通基盤ソリューション(intra-mart)

短納期・低コスト開発、および標準化の推進・品質向上によるIT投資の効率化を可能とするソリューションを提供します。

IFRS対応ソリューション

制度対応を優先した守りの対応から、グループ経営管理の高度化を目指した攻めの対応まで、JSOLでは、業務ノウハウを熟知したメンバーが、お客様を支援します。

ERP導入クイック・アセスメント

JSOLは豊富なERP導入実績に基づき、短期間で経営戦略の実現を加速するシステム化構想の策定を支援します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。