ソリューション

ソリューション

グローバル経営管理

企業を取り巻く経営環境が経営統合、M&A、法改正等を含めて、激変する中で、企業活動を支える基盤もグローバルな仕組みとして再構築することが求められており、グローバルレベルでの業務プロセスの統一と情報の一元化・見える化をより"スピーディーに実現"することが必要とされています。ところが、グローバル化に伴い、多くの関係者が異なる国や地域、会社、部門に分散しており、そのコーディネーションがますます厄介な状態になってきています。
JSOLは当課題に対してグループ・グローバル経営管理テンプレートを活用したソリューションを紹介します。

ソリューション内容・手法

グループ/グローバル経営管理の課題

グループの実態把握がますます重要
「複雑化する社内外の環境・要因(商流・物流)」に対応するため、「在庫は今どこに?」「どこで何がどれだけ利益を上げている?」を把握することが、ますます重要になっている。

迅速・正確に把握するのが困難
国内外のシステム・コードがバラバラのため、データの収集・変換・集計・修正に手間が掛かる。

システム対応に時間がかかる
すぐには国内基幹システム再構築やグローバルロールアウトを着手・完了できない。

JSOLが提供するグローバル経理管理ソリューションのメリット

メリット1 :グループのデータを集約・一元化
グループ/グローバルの異なるシステム・異なるコードのデータを本社システムに集約・一元管理し、グループの予算、PSI、原価などの予実管理をBIツールにより見える化を実現。

メリット2 :プログラム生成が自動化
プログラム製造が自動化され、低価格・高品質な実装が可能となるオプション(J'sPATTO)も準備。これにより、データ取集対象の拡張も容易となる。

メリット3 :スモールスタートが可能
標準データモデル・テンプレートレポートを活用し、パイロット版の早期開発を実現。ビジネス環境などに追随して、無駄なく育てながら、次Stepに展開できる。

【標準データモデル・レポートテンプレート例】
経営ダッシュボード(セグメント別、エリア別の売上・受注・利益)
セグメント別損益分析(品目、得意先、組織ごとの損益情報を照会(前年対比、予算対比))
売上分析(得意先軸×製品軸×組織軸×勘定科目軸で売上〜営業利益の予実管理)
原価分析(製品軸×組織軸で製造原価の比較、ライン(行程)間の操業度差異、製品、指図、ロットごとの標準原価、実際原価、差異理由の照会)
受注分析(得意先軸×製品軸×組織軸×勘定科目軸で売上〜売上総利益の管理)
在庫分析(組織軸×製品軸で在庫金額、数量の管理)

概念図

機能概念図

機能

    • データ収集基盤

    J'sPATTOソリューション/Biz∫G元帳ソリューション/BW on HANA

      • ・ グループ会社からの経営情報・マスタ情報の連携、およびレイアウト変換、
         コード変換、集計を容易に実現
      • ・ 個社別レイアウトで収集したものを統一レイアウトへ変換
      • ・ 個社コードから統一コードへの変換
      • ・ Excel利用拠点では項目マッピングを行うことで処理を自動作成
    • 統合データベース

    Oracle/Sybase IQ/SQL Server

      • ・ グループ経営管理情報の統合(一元)管理
      • ・ 必要な情報(売上/会計/在庫/製造原価等)を格納・保存
      • ・ 標準データモデルの提供により、プロトタイプの早期開発を実現
    • レポートツール

    SAP BO/Qlick ViewMotion Board/MS Strategy/Dr. SUM

      • ・ 統合データベースに軸にさまざまな切り口で分析、情報開示、必要時、
         明細へのドリルダウン分析などが可能
      • ・ 各社、各地域の役割に応じ、権限設定し、各種情報の提供
      • ・ 標準モデルと連携したダッシュボード、レポート・テンプレートを保持することにより、
         完成イメージの共有を早期に実現
    • 統合マスタ管理

    Biz∫MDMソリューション

      • ・ グループとしての統一コードの管理の仕組みの提供
      • ・ コード変換コントロールテーブルの設定
      • ・ 変換テーブルの維持管理の仕組み など

システム構成概念図

機能概念図

サービスメニュー

    • クィックアセスメント(期間:2〜3か月)

    お客様の現状分析と評価を行い、主な課題と取組領域識別、目指すゴール像、今後のロードマップを策定

    • グランドデザイン(期間:2〜4か月)

    全体の構想(あるべき姿、施策内容、業務・システムへの要求仕様など)と具体的な実行計画を策定

    • グループ会社調査(期間:調査会社数により調整)

    グループ会社から提供可能な情報と精度の精査、および課題などの取り纏めを実施

    • パイロット版導入(期間:2〜3か月)

    JSOLの提供する標準モデル、標準レポートを活用し、お客様の既存データを利用しながら早く、安く、クラウド環境などで開発
    ※標準データモデル、レポートがフル活用により、データ準備終了後、最短2ヶ月でパイロット導入可能

    • システム導入(期間:スコープにより調整で最短6ヶ月)

    構想策定をもとに、具体的なシステム開発・導入を実施。システム化と並行して、経営指標の整備、グループ各社の役割、業務プロセスなどの変革への取り組みなども合せて支援

    • グループ会社展開(期間:スコープにより調整で最短6ヶ月)

    グループ会社の仕組みの標準化(整備)と経営管理向け情報提供力強化などを狙い標準システム展開

対象業種

  • 全業種

実績

業種:自動車部品製造
A社様
売上規模:1000億

プロジェクト名称

連結経営管理ビジネスモデル構築プロジェクト

導入背景・狙い

本社ならびに事業統括会社、製造子会社へのERP導入を契機に、業務の標準化推進と併せてシェアードサービス化による経理要員抑制(約30名)ならびに決算資料作成の充実化を推進。

導入内容・特徴

・一層の決算早期化ならびに経理部門負荷軽減を推進
 (月次5営業日・四半期30営業日を目標)
・予算管理機能強化(原価管理・経費管理など)
・カテゴリー(拠点・品種・法人等)別損益管理機能強化
・経営戦略検討に関する各種シミュレーション機能の充実
 (為替・通貨・販売数量・販売単価・標準原価・材料費など)

導入効果

本社・グループ会社のSAPデータ、非SAPデータを全て、統一されたコード・フォーマットで集約・一元管理。
個社会計データの照会から、各種ロジ明細伝票や各システム源泉データまで容易に検索することが可能。

業種:製薬
B社様
売上規模:1000億

プロジェクト名称

グローバル経営管理システム構築

導入背景・狙い

・経営管理
 経営へ報告する資料が手作業が中心となっており、スピード、
 精度ともに問題がある。
・サプライチェーン
 需給管理、調達、生産、販売管理が各リージョン内で閉じた管理
 となってしまっている。
・人事
 リージョン別、ファンクション別の人材情報が集約されたデータベース
 がないため、グローバルポジションの最適配置が出来ていない。

導入内容・特徴

・経営管理
 IFRS基準ベース予算立案、見込の精度向上とさまざまな分析軸
 による予実管理の実現 。
・サプライチェーン
 グローバル化推進のため、需給管理、調達、生産、販売情報の一元化、
 および可視化の実現。
・人事
 人材情報基盤を構築し、グローバルの人材情報を集約し、可視化
 できる仕組みの実現。

導入効果

経営管理、サプライチェーン、人事の各領域におけるグローバル要件を抽出し、統一した情報基盤を構築し、各業務要件を実現。

業種:自動車部品製造
C社様
売上規模:1000億

プロジェクト名称

グローバルMDMによるマスタ統合

導入背景・狙い

グローバルデータの有効活用のため、個々のシステム再構築に先立ち、グローバル・グループ全体かつ各システム共通の方針としてマスタ統合方針を策定。

導入内容・特徴

1.幹システム導入に先立ったマスタ統合方針
2.基幹システム構築と並行したプロジェクト推進
3.マスタ項目追加に柔軟に対応できるシステム設計

導入効果

グローバル共通のコード体系・マスタ運用の設計、グローバルMDMのシステム実装により、海外の基幹システム再構築時に、マスタの統合、日本から海外へのマスタ配信を実現

関連リンク

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

ソリューションのお問い合わせ 株式会社JSOL 製造ビジネス事業部 TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033 MAIL:rfi@jsol.co.jp

最新の顧客事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

注目のソリューション

システム共通基盤ソリューション(intra-mart)

短納期・低コスト開発、および標準化の推進・品質向上によるIT投資の効率化を可能とするソリューションを提供します。

IFRS対応ソリューション

制度対応を優先した守りの対応から、グループ経営管理の高度化を目指した攻めの対応まで、JSOLでは、業務ノウハウを熟知したメンバーが、お客様を支援します。

ERP導入クイック・アセスメント

JSOLは豊富なERP導入実績に基づき、短期間で経営戦略の実現を加速するシステム化構想の策定を支援します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。