社内に散在する“ものづくりの情報”を一元管理し、素早くアクセスできる仕組みを実現

ものづくりは、複数の部門が分担して作業を進めるため、図面や部品表、材料表や生産工程表などの情報が社内に分散してしまい、一元管理のできていないお客さまが少なくありません。ものづくリンクは、各部門で発生するこれらの情報を「部品表」に統合し、全社レベルで共有できる仕組みを実現します。

業務

業種

キーワード

こんな課題にJSOLがお答えします

課題

  • ものづくりの情報を各部門が別々に管理しており、全社的な共有・活用ができない。

  • 紙を中心とした業務プロセスのため、無駄が多く非効率的。

  • 過去のデータを参照したくても、必要とする情報がどこにあるのか分からない。

JSOLバリュー

  • 各部門で発生する情報を「部品表」に統合し、全社で共有できる仕組みを実現。

  • データを中心とした、新たな業務プロセスを確立。(ペーパーレス化の推進)

  • データの検索性を高め、業務の効率化を支援。

サービス内容

ものづくリンクは、各部門が保有するさまざまな技術情報を、「部品表」に統合して一元管理します。これにより、部門間連携の強化や業務の効率化、リードタイムの短縮などを実現します。

「部品表」が情報のハブに

システム構築手法 図説

ものづくリンクがめざす業務モデル

  • ペーパーレス化を実現し、大量の紙資料との決別。

  • 情報の検索性が向上し、探し物がすぐに見つかる環境を実現。

  • 業務プロセスがガラス張りになり、最新の状況を見える化。

システム構築手法 図説

スクラッチとパッケージのハイブリッド構成

  • システムが必ず必要とする基本機能を、共通部品として提供。

  • お客さまの業務に必要な業務モジュールを、取捨選択して使用。

  • 業務に合わせて、業務モジュールを容易にカスタマイズ可能。

システム構築手法 図説

その他の特長

“Windowsの操作感”を再現。
  • 使い慣れたExcelライクな表形式のユーザーインターフェースです。

動画:JSOLものづくリンク ~操作性のご紹介~

※動画内に登場するXVLは、ラティス・テクノロジー株式会社の登録商標です。

海外拠点での使用にも最適。
  • 標準で多言語に対応しており、海外拠点へも容易に展開できます。また、1クリックでインストールが可能です。自動アップデートにも対応しており、ICTサポートが手薄な海外拠点でも安心です。

ユーザーライセンスフリー
  • ユーザー数は無制限で利用でき、初期導入費用/サポート費用を抑えることができます。

導入実績

自動車部品メーカー A社 様 売上規模:3,500億

プロジェクト名称

生産準備/部品表システム再構築

導入背景・狙い

パッケージのサポート終了に伴うシステム・リプレース。生産準備プロセスの見直しと、旧システムが未対応の「受注前工程の管理」と「グローバル化」に対応して、再構築する。

導入内容・特徴

  • 受注前の部品表と受注後の部品表を別個に管理。両者間でのシームレスなデータのコピー/同期に配慮し、重複入力を回避。

  • 海外拠点への技術情報の配付管理とともに、情報ごとのセキュリティー管理を徹底して、機密情報の漏洩対策。

導入効果

受注前の見積依頼~受注後の生産移管までの一気通貫での情報管理によりペーパーレスが促進(プロッタ印刷枚数が大幅減)

自動車部品メーカー B社 様 売上規模:1,500億

プロジェクト名称

生産準備システムの調達見積管理機能強化

導入背景・狙い

調達時の見積管理機能を追加し、サプライヤーとの調達仕様/見積書の送受履歴を管理。部品表機能との連携強化により、調達仕様/見積金額の二重入力を回避して効率化。

導入内容・特徴

  • 1データベース/2アプリケーションのシステム構成。

  • 社内専用機能はリッチクライアント、社外公開機能はWebアプリケーションで提供。

  • 社外公開機能は外部攻撃に対する診断をリリース前に実施。

導入効果

見積依頼/回答受領作業の効率UP(二重入力の回避)
見積管理業務の見える化(サプライヤーごとの見積回答の可視化)

電源モジュールメーカー C社 様 売上規模:110億

プロジェクト名称

プロジェクト管理/部品表システム再構築(脱パッケージ)

導入背景・狙い

パッケージ機能がお客さま業務に適合せず、"使いにくさ"からユーザーに敬遠され、システム活用度が低下し、設計品質/設計効率が悪化。脱パッケージを行い、ユーザーフレンドリーなシステムとして再構築。

導入内容・特徴

  • 受注生産型の製品開発をプロジェクト管理機能を提供。

  • 開発ステップごとのTODO管理/課題管理/ドキュメント管理を行い、レビュー完了条件と連動。

  • 製品開発プロセスをシステムで縛り、設計進捗/品質を見える化。

導入効果

システム活用度の向上(ログインユーザー数/実行操作数が劇的増加)と、それに伴う開発プロジェクト品質の改善

関連リンク

本ソリューションについてのお問い合わせ

法人事業本部

お問い合わせ