ソリューション

ソリューション

サーバ仮想化ソリューション

現場業務プロセスを重視する日本では、徐々にシステム導入が進んだ経緯もあり、欧米企業に比べて個別部門・業務毎にシステムが乱立し、サーバーごとに増加の一途を辿るハードウェア費用、ソフトウェア費用、ハウジング費用に悩まされている企業も少なくありません。その解決策の1つとしてもてはやされているサーバー仮想化技術ですが、運用を見据えせずに仮想化環境を構築してしまい、サーバー台数は減ったものの運用負荷(運用コスト)が増加している不幸なケースも散見されます。
JSOLでは、構想立案〜導入〜運用保守に至るまで一貫したサービスを提供することで、運用に必要以上に手間のかからないコスト削減を実現します。

ソリューション内容・手法

やみくもにサーバー仮想化を導入しても、運用や将来的なシステム導入計画等をトータルに見据えた導入計画無しでは、サーバー台数が減ってもコストや運用の手間が増えるといったことになりかねません。JSOLのサーバー仮想化ソリューションは、ハードウェア・ベンダーと違い、マルチ・ベンダーSIerとして多くのハードウェア製品からそれぞれのお客様の現状に応じた最適な構成を選択します。サーバー・リソースの最適化やシステム延命などに向けて、構想立案・システム導入・運用保守に至るまで一貫して提供します。導入後の運用においても、「パフォーマンス管理」「仮想マシン作成・削除」などの運用サービスも提供可能です。乱立したバックアップの仕組みやストレージ構成が仮想化基盤を導入することにより、仕組みが統一されるため手間のかからないシステム運用を可能にします。

サーバー仮想化・ソリューション・メニュー

サーバー仮想化・ソリューション・メニュー 図説1
サーバー仮想化・ソリューション・メニュー 図説2
サーバー仮想化・ソリューション・メニュー 図説3

対象業種

  • 全業種

実績

業種:医薬業
A社様
売上規模:約4,000億

プロジェクト名称

仮想基盤導入

導入背景・狙い

管理コスト、サーバー・リプレース・コストの削減

導入内容・特徴

トライアル導入を経て、100台の仮想マシンを載せる仮想基盤を導入。

導入効果

  1. (1)管理コスト、サーバー・リプレース・コストの削減
  2. (2)サーバー導入時のインフラ構築作業の削減
  3. (3)飛躍的なサーバー導入期間の短縮
業種:医薬業
B社様
売上規模:約1,400億

プロジェクト名称

システム延命

導入背景・狙い

ハードウェア障害時に、システムが復旧できないリスクの回避

導入内容・特徴

1ヶ月の短期間で実現。

導入効果

5年間のシステム延命による追加投資の抑制

関連リンク

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

ソリューションのお問い合わせ 株式会社JSOL 基盤サービスビジネス事業部 TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033 MAIL:rfi@jsol.co.jp

最新の顧客事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

注目のソリューション

システム共通基盤ソリューション(intra-mart)

短納期・低コスト開発、および標準化の推進・品質向上によるIT投資の効率化を可能とするソリューションを提供します。

IFRS対応ソリューション

制度対応を優先した守りの対応から、グループ経営管理の高度化を目指した攻めの対応まで、JSOLでは、業務ノウハウを熟知したメンバーが、お客様を支援します。

ERP導入クイック・アセスメント

JSOLは豊富なERP導入実績に基づき、短期間で経営戦略の実現を加速するシステム化構想の策定を支援します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。