メーカー様が自社の業務機器をデジタル化し
独自の付加価値を追加することができます

特徴

機器のクラウド接続
自社の機器から安全にクラウドへ接続するための組込み用ハードウェアを提供します。
 

機器のバージョンアップ
クラウドでデバイスを一元管理し、自社の機器のファームウェアのバージョンアップを容易にします。 

クラウド上でのデータ収集
各機器のデータはクラウド上に収集し、データのグラフ表示、地図上での表示、メール通知などさまざまな方法で確認することが可能です。

貴社専用の分析環境
クラウド上に自社専用の分析環境を用意し、データを格納することも可能です。収集したデータをPowerBIなどツールで自由に分析することが可能です。 

提供方法

データ収集基盤にはJSOLのJ’s AIDを、デバイス管理にはJIG-SAW株式会社のNEQTOを活用。サービス型の基盤を組み合わせることで、より早く、低コストで利用を開始することができます。
データ分析基盤のようにお客さま独自の要望がより強い部分は、個別のSIで開発。お客さまが実現したいことにより柔軟に対応します。

プラン

トライアルプラン

デバイス管理とデータ収集の基本的な機能が利用できます。
10台までのデバイスで利用可能です。

スタンダードプラン

トライアルよりも多いデバイス数で本格利用する際のプランです。デバイス数に応じた従量課金型で利用可能です。

データ分析プラン

基本機能に加え、貴社専用の環境にデータを格納し、PowerBIなどで自由に分析が可能なプランです。

事例ダウンロード

JSOLのIoT/AIの取り組み事例をこちらからダウンロードできます。

事例ダウンロード