顧客事例

顧客事例

1ページ目 2ページ目 3ページ目 4ページ目 5ページ目 次のページへ

三菱自動車工業株式会社様導入事例 シミュレーション技術の高度化により、CAEの役割の深化をめざす


三菱自動車工業株式会社様では、自動車開発の効率化と安全性能の向上を両立させる取り組みの一環としてCAE(Computer Aided Engineering)の活用をいっそうおし進めています。自動車ボディの衝突解析に日本総研ソリューションズが提供するLS-DYNAを使用するだけでなく、逆解析ソルバーHYCRASHを用いて材料の加工硬化を取り込んだ衝突解析を行い、短時間で精度の高いシミュレーション結果を得て、それを設計や成形、さらには部品サプライヤー様とも共有しています。ものづくりの基盤を強固にする具体的な取り組みなどについてCAE部門の責任者である勝丸眞司・開発本部デジタル技術部長と、粟野正浩マネージャーにお話を伺いました。

御社において、CAEの担当部署であるデジタル技術部は製品開発においてどのような位置づけにあるのでしょうか?

三菱自動車工業株式会社 開発本部 デジタル技術部長 勝丸眞司氏(取材当時:2008年12月)勝丸部長:
「ものづくり」には、製造現場におけるものづくりと、研究・開発段階におけるものづくりのふたつがあります。CAEは、研究・開発段階のものづくりにおいて、さまざまな課題についてのシミュレーション結果を関連部署に提供する役割を担っています。
たとえば、衝突解析であれば、部材を実際に加工して試験している実験部に対しては前工程の位置にあり、設計部からみれば図面の内容を確認してくれるので前工程であると同時に図面を軸にすれば後工程になるともいえます。前であったり、後ろであったり、その位置づけもさることながら、さまざまな工程の隙間を埋める粘土のような存在としてあることが大事です。
アメリカの自動車メーカーのように各部門がきっちりと分かれ、いわゆる前工程と後工程の擦り合わせが少ないのと違い、日本では擦り合わせの文化があります。これは1年半から2年程度の短期間で次々と新車を投入する戦略とも関係していますが、全体の流れをスムーズにするのにCAEは非常に有効なツールであり、わたしたちの位置もそこにあるわけです。

単に解析を行うというだけでなく、様々な部門間の円滑なコミュニケーションを主導する部署としてデジタル技術部があるのですね。

勝丸部長:
三菱自動車では4、5年ほど前から、開発も生産も一貫したマネージメントを用いて最適化をめざす構想があり、その活動もあってか生産と開発が離れている感じはしません。CAEのメンバーも、生産と開発の合同会議に出たりしており、両方の立場についてのそれなりの理解があります。ですから、プレス工程や組み立て工程で発生するであろう問題を事前に同じ土俵で考え、その知見をCAEの各種のシミュレーションに反映させていく取り組みもあります。他社での衝突シミュレーションの部門とプレス工程の人たちの関係はわかりませんが、当社では開発と生産両方のCAEをみていた時期があるので、うまく融合できているのではないかと思います。

事業化に際して多様な選択肢を提案する→

(2008年12月取材)


本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは日本総研ソリューションズ当時(2009年1月社名変更)に掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連リンク
-LS-DYNA

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL エンジニアリングビジネス事業部
東京   Tel:03-5859-6020 Fax:03-5859-6035
名古屋 Tel:052-202-8181 Fax:052-202-8172
大阪   Tel:06-4803-5820 Fax:06-6225-3517
E-Mail: cae-info@sci.jsol.co.jp

印刷用はこちらからPDF
1ページ目 2ページ目 3ページ目 4ページ目 5ページ目 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

関連ソリューション

関連インタビュー

三光合成株式会社様導入事例

構造解析受託サービスを利用して高機能な樹脂部品を開発

富士テクノサービス様導入事例

コンサルティング導入の背景とその狙いや効果、今後の展開などについてお話を伺いました。

最新の事例

日清オイリオグループ株式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。