顧客事例

顧客事例

1ページ目 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目へ 6ページ目へ 次のページへ

ホシザキ電機株式会社様導入事例 国内16社の経理会計システムを「Biz∫」で再構築 グローバル化展開を睨んだ国内ポテンシャルの強化に成功

業務用厨房機器の製造・販売会社であるホシザキ電機(愛知県豊明市)は、グループ経理会計システムをNTTデータグループが提供する「Biz∫会計」を基軸に刷新し、2013年12月期決算から新システムを稼働させました。親会社および国内販売会社15社のシステム連携を改善するだけでなく業務フローの標準化も実現し、将来的にはIFRSへの対応や内部統制の強固な基盤を構築するのが狙いでした。JSOLはBiz∫事業推進のパートナーであると同時にシステムインテグレーターとして、ホシザキ電機のプロジェクトと次なる成長への基盤整備を支えました。

業務用厨房機器のリーディングカンパニーの強さから出た課題


 ホシザキ電機は、業務用厨房機器分野のリーディングカンパニーです。製氷機、冷蔵庫、食器洗浄機、生ビールディスペンサなど多くの国内トップシェア製品を擁し、海外でのM&Aにも積極的で、世界的に見ても製氷機でトップシェアを握るなど、グローバルリーダーへの成長を続けています。
 ホシザキ電機の国内における成長を支えてきたのがエンドユーザーへの直接販売(直販)と、充実したサービス体制でした。当社の創業は1947年2月で、1957年には日本初のジュース自動販売機を開発し、製造販売を開始しました。自販機上部にボウル状の球体があり、ここにジュースが噴水のように噴き出している形の自販機で、年配の方であれば懐かしい記憶をお持ちの方も多いでしょう。
 1965年には現在の当社の主力商品である全自動製氷機を日本で初めて開発し、製造販売を開始しました。当時はいわゆる「街の氷屋さん」が氷の供給を担っていた時代で、製氷機という機械自体が世間一般的なものではありませんでした。認知度の低い製氷機の販売に協力してくれる代理店は当時ほとんどなく、自分達の力で営業拠点やサービス体制を整備し、製氷機の販路を開拓していく必要がありました。この販路開拓努力の積み重ねが先述の直販と自社による商品の保守・修理といったメンテンナンス体制を創りあげました。そして、これが後の成長の原動力になっていきます。
 現在、国内にホシザキ東京やホシザキ東海などの15の販売会社を持ち、その下に436カ所の営業拠点を置き、約2,900人の営業人員、約2,400人のサービス人員がエンドユーザーにきめ細かく対応するだけでなく、市場の徹底した深掘りにも力を注いでいます。

 しかし、経理会計システムに限っていえば、皮肉にもこの15販売会社体制がシステムの効率化と業務改善の大きな課題になっていました。旧来の経理会計システムは、2006年から1年ほどの期間で構築されたものですが、「使用する経理会計システムや勘定科目体系などは共通化することができたものの、個々の販売会社に特有な業務処理の統合にまでは踏み込めず、結果としてシステム間連携に乏しく、各社での業務フローが複雑化するという重大な課題を抱えていました」と小林靖浩取締役(経理・総務担当)は説明します。

ホシザキ電機株式会社 取締役 小林 靖浩 氏  小林取締役が「相当複雑」と自嘲するほどで、例えば経理会計システムの上流に位置する販売システム(債権管理システム)上で債権情報を登録し、会計システム上でも債権伝票を登録するといった二重作業を実施していたり、債務の内容によって支払を行うシステムが異なっていたり、社員の立替経費精算の処理方法についても、既にキャッシュレスを実現している会社もあれば、他方で現金を封筒に詰めての手渡しを続けている会社もあるなど、経費精算の方法について各社での処理がバラバラの状態となっていました。
 経理会計システム及び周辺の関連システムとの連携が乏しいこと、会社間の業務フローが異なり複雑であることが、業務負荷として経理部門に集約される形になり、社内では経理部門が最も残業が多い部門の1つになっていました。
 確かに旧来の経理会計システム導入当時は、販売や製造といった上流システムからデータを連携していなくても、属人的な運用で賄うことができていたと思います。しかしながら、ここ最近の業績伸長に伴って精度の高い数値をこれまで以上に短期間で作成する必要性から管理業務工数も増加してきており、旧来のシステムや属人的な運用での対応では困難となってきていました。当然、属人的な処理部分や各社個別運用では、時間・処理の面から非効率が目立つようになります。その非効率をどうするかを考えた結果、今回のシステム構築に踏み切ることとなりました。

日本的商慣習に適合しながらも優れた標準化をもたらすBiz∫の導入を決断→

(2014年10月現在)


本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。
当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。

関連記事
- ニュースリリース:2014年07月08日
ホシザキ電機株式会社にBiz∫会計を活用したグループ会計システムを提供

ご興味をお持ちの方は、お気軽に下記までお問い合わせください。

お問合せ:
株式会社JSOL 製造ビジネス事業部
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail: rfi@jsol.co.jp

PDF版はこちらからPDF
1ページ目 2ページ目へ 3ページ目へ 4ページ目へ 5ページ目へ 6ページ目へ 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

最新の事例

日清オイリオグループ会部式会社様導入事例

基幹システム最適化プロジェクト

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。