会社情報

サステナビリティ

トップコミットメント

ICTを活用した価値共創により「楽しく豊かな未来」の実現に貢献します

経済のグローバル化の進展や国際情勢の変化により、ビジネス環境は急激な変化にさらされ、不確実性を増しています。このボーダレス化し複雑化する世界は、また、地球温暖化に代表される環境問題、少子高齢化、教育格差など多くの複合的な社会的課題をかかえています。

JSOLのビジネス領域であるICT分野においても、AI、IoT、ビッグデータ、デジタルトランスフォーメーションなどの急速な発展が紙面を賑わせない日はなく、巨大プラットフォーマーやデジタル・ディスラプターの出現などにより、その社会的影響力はますます大きくなってきています。

第四次産業革命といわれる現在、ICTは、こうした世界的な変化をもたらし加速するものと考えられていますが、一方で、この世界の複雑性・不確実性を将来に向けて整理・統合し、解決策を提示し、社会的課題の解決に貢献するために活用すべきものでもあります。

JSOLは経営理念(ミッション)において「ICT技術を追求し、楽しく豊かな未来に貢献」することを掲げています。
未来へのビジョンを持ってお客さまの課題に向き合い、課題解決のためのサービスを提供すること、そしてそれを通じて社会に新たな価値を創出しサステナビリティに貢献していくこと、これが私たちの使命と考えています。

そのためには、それを実行していく社員一人ひとりが、多様な個性と自主性を発揮して生き生きと活躍できる、働きやすく働きがいのある環境作りが重要なことはいうまでもありません。

JSOLは、サステナビリティを実践する「重点テーマ」として、「社会や地域」、「はたらく人」、「地球環境」の3つを掲げ、お客さまとはもちろんのこと、社員や地域社会などすべてのステークホルダーとの信頼関係を築き、発展させていくことを大切に活動しています。

サステナビリティは現在の延長線上で実現できるものではなく、持続可能な発展のためには絶え間ないイノベーションが不可欠とされています。
私たちは、未来から考え、ICTを活用し「今はない、答えを創る」創造性を発揮することでイノベーションを推進し、社会との共創価値を実現してまいります。事業を通じた社会的課題の解決の取り組みを通して、JSOLの持続的成長とともに、社会の持続可能な発展に貢献します。

代表取締役社長
前川 雅俊

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。

JSOLへのお問い合わせ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集AI活用

さまざまな業務におけるAIの活用や業務の自動化をJSOLがサポートします。

特集AI活用

新しい価値を創出し、競合他社に対して競争優位になるためにJSOLがご支援します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。