特集

特集

インタビュー

  • 前のページへ
  • 1ページ目
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 次のページへ

SAP BASIS、システム基盤に対する深い理解があってのシステム構築

 板東のJSOLのベーシスチームに、新技術による新たなシステム構築が期待されたのは、「SAP BASIS」「システム基盤」に対する高度な専門能力を評価してのものだった。システム基盤は、システム構成でいえばOSなどのインフラ部分と、各種の業務処理を担うアプリケーションの中間に位置する仕組みだ。SAPでは、BASISがそれに位置し、BASIS関連だけで独自のビジネスが成立するほど重要な部分だ。

ITアーキテクト 板東 貴治

 SAPのERPやBWなどのアプリケーションは、周辺にシステムや業界のEDI、またWebベースでの認証管理などといったさまざまなデータと連携して処理を行っている。簡単に言えば、SAP以外のさまざまなデータやシステムとつながるための仕組みが必要で、それがシステム基盤だ。
 「システム基盤がないとSAPはシステムとして成立しない、と言っても過言ではありません。システム基盤をしっかりつくり込めないとSAPシステムは、その優秀な機能を発揮できないのです」

 大手食品会社のシステム更改プロジェクトでも、ERP on HANA以外に複数のシステムが新規で導入された。それは顧客自身が使いやすくするためのものだが、それらのシステムとの連携を構築するとなると、品質面の確保もハイレベルなものが要求されてくる。
 またSAPとは直接には関係はないが、新システムの稼働において、全国の工場や営業所での帳票類利用にあたり正確にプリントアウトできるようにしてほしいとの要望も出された。システムを使う人の身になってシステムを当たり前に動くようにしていく。システム基盤の仕事は、実に多岐にわたり、かつ力仕事の側面もある。
 「今回のプロジェクトでは、JSOLの3人のチームでやり抜きました。BASISは、他のシステムやネットワーク、周辺機器などシステムを構成する多様な技術に対しての理解がなければできない仕事です。SAP BASISだけでなくシステム基盤全体を見ることができるのが、JSOLのベーシスです。それだけにさまざまな課題や要望に応えていきます。言葉を換えればお客さまの要望が最も集中する部分でもあり、さまざまな事態が発生して振り回されることも珍しくありません。ベーシスはタフでなければできない。これが私の経験則です」と板東は笑う。

 プロジェクトではERP on HANAを中心としたDRの仕組みを創りあげた。セキュリティー上、詳細を紹介はできないが、ERP on HANAの導入とDRでの展開という2つの課題に対して、クラウドサービスの比較、周辺システムとの相性、コストなども含めて総合的な提案がなされた。
 「HANA自体は、SAPが規格をがっちりと固めていますので直接改変することはできません。むしろ、データベースとしての機能を、どのようなアプリケーションやシステムと絡めると面白いことができるようになるのか。JSOLではHANA利用したさまざまな取り組みが行われています」

 顧客からも高い評価を得た。JSOLは毎年CS(顧客満足度)調査を実施しているが、今回の大手食品会社からは、「BASISを中心に、より顧客のためにという姿勢を崩さず、いわば付ききりでプロジェクトを成功に導いてくれた」と評価された。板東は、「困っていらしたら何でも受けてしまう。受けないと気が済まないですね」と笑う。

(2016年04月現在)

趣味は数学入試問題と一人マラソン→


※本ページ上に記載または参照される製品、サービスの名称等は、それぞれ所有者の商標または登録商標です。

※当コンテンツは掲載した時点の情報であり、閲覧される時点では変更されている可能性があります。また、当社は明示的または暗示的を問わず、本コンテンツにいかなる保証も与えるものではありません。


  • 前のページへ
  • 1ページ目
  • 2ページ目
  • 3ページ目
  • 4ページ目
  • 次のページへ

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

関連ニュースリリース

関連ソリューション

関連インタビュー

SAPによる原価会計管理をスマートに導入する

SAPの導入は、製造業のコスト削減と生産性の効率向上に重要な選択肢となる。そのなかで原価管理においてスペシャルな業務改革サービスを提供しているコンサルタントの活動を紹介します。

生産現場の改善理論を背景にSAP・ERPによる競争力強化を支援する

TOCという生産現場の改善理論の専門家で、その優れた知見を背景にしたERP導入という、新しい競争力強化の仕組みを届けているプロフェッショナルを紹介します。

SAP・ERPの機能を十二分に発揮させるスペシャリスト

世界最大手であるドイツSAP社のERPパッケージをベースに、独自の利用技法を開発しながら多くのシステム革新を成功に導いてきたスペシャリストを紹介します。

人の創造性を高めるSAPアプリケーション開発を

JSOLは独SAP社製ERPパッケージを日本企業が活用する為に、さまざまな業務プロセスに対応できるテンプレート「J-Model」を提供してきました。

SAPシステムにおけるSOA対応経営の可視化を高次で実現するフロント機能の革新

ベーシス・コンサルティングをコアとして多くのERP導入プロジェクトを支えてきたプロフェッショナルが、SAPアーキテクチャの進化を説明します。

最新のインタビュー

ハイブリッドなICT環境を支えるインフラはどうあるべきか?

ハイブリッド化していく環境に対して、これからのICTインフラはどうあるべきなのか、JSOLのITアーキテクトが解説します。

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。