会社情報

ニュースリリース

2006年12月01日

株式会社日本総研ソリューションズ
大日本印刷株式会社
名古屋工業大学が日本総研ソリューションズと大日本印刷の
ICカードソリューション「SmartUniversity」を採用!

 株式会社日本総研ソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小名木 正也、以下JRI-SOL )と大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北島 義俊、以下DNP )が提供する「SmartUniversity」が、名古屋工業大学(愛知県名古屋市、学生数約7,000名、以下 名工大 )において2007年4月から利用されるICカード学生証およびICカード教職員証として採用されました。

1.SmartUniversityとは
高度なセキュリティと拡張性を備えたICカードシステムを、大学が短期間かつ低コストで導入するための、ICカードソリューションです。
SmartUniversity は、JRI-SOLのICカードPKI認証基盤パッケージ「JenCa」(ジェンカ)とDNPのICカードで構成されており、Microsoft®Windows VISTATMにも対応しています。
特徴は次の通りです。
学内IT認証基盤PKIを標準提供
UPKI(University PKI:大学間連携のための全国共同電子認証基盤)構想に関連して、大学内のIT認証基盤として大きく注目されているPKIを短期間・低コストで導入できます。PKIにより、具体的には次の3つを実現します。

1)各種業務システムへのシングルサインオン
2)独立行政法人化により増大する事務作業をセキュアに保護
3)適切な人に適切な情報を開示する枠組み

業界標準SSFC搭載
拡張性を確保するため、学生証はSSFC(Shared Security Formats Cooperation)のフォーマットに対応しています。SSFCとはICカードのデータフォーマットを共通化することによって、入退室システム、監視カメラ、などを、1枚のICカードで使えるようにし、さらに、これらの機器類を連動させて、より高度なセキュリティを実現するための企業連合で、100社以上のメーカー、Sierが参加しています。SSFCフォーマットの採用によって、数年先の機能追加や拡張にも容易に対応します。

接触型と非接触型両方のICカード方式に対応
学生証および教職員証は、キャンパス内のさまざまな用途に対応するため、接触インターフェースと非接触インターフェースの両方式に対応しています。

キャッシュレスその他機能も実現
決済サービスを提供する会社と協力し、学生証による学内キャッシュレスを実現しました。また、同じ1枚の学生証で、図書館入退館管理、授業出欠管理、施設への入退室管理の利用も可能です。
2.今後の展開
JRI-SOLとDNPは2008年度までに70校の大学での採用と45億円の売上を見込んでいます。
また、名工大の事例を紹介した大学向けセミナーを12月に開催いたします。詳細は下記URLを参照願います。

http://www.microsoft.com/japan/education/event/ic_card.mspx 別ウィンドウで開く
以上

Microsoft、Windows、Windows Vistaは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

【ご照会先】

一般のお客様
株式会社日本総研ソリューションズ 公共事業本部
佐藤 TEL:03‐5431‐7802 E-Mail:sato.takayuki@jri-sol.co.jp

大日本印刷株式会社 IPS事業部 ICカードビジネス開発本部 ICカードビジネス開発部
TEL:03-3513-2856 E-Mail:ic-card@mail.dnp.co.jp

報道関係者様
株式会社 日本総研ソリューションズ 社長室
武藤 TEL:03‐3288‐5360 E-Mail:muto.yoshiteru@jri.co.jp

大日本印刷株式会社 広報室
久保田 TEL:03-5225-8220 E-Mail:info@mail.dnp.co.jp

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。