会社情報

ニュースリリース

2009年09月29日

株式会社JSOL
JSOL、複数地銀と金融犯罪対策(AML及び不正取引対策)における
課題と対応を共同で検討する「金融犯罪対策研究会」を開催
 株式会社JSOL(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小名木 正也、以下「JSOL」)は、複数の地方銀行と共同で、金融犯罪対策(AML:アンチ・マネー・ロンダリング、及び、振り込め詐欺、偽造・盗難キャッシュカード対応等の不正取引対策)の先進事例を研究し、課題の洗い出しと対応の方向性を検討する「金融犯罪対策研究会」を開催しました。

わが国におけるAMLは、各金融機関において、昨年実施されたFATF(フィナンシャル・アクション・タスク・フォース:金融活動作業部会)による対日審査結果、及び、来年予定されているフォローアップへの対応が必要になると予想されており、また、振り込め詐欺や偽造・盗難キャッシュカードによる被害を防止するための取り組み等、各金融機関への要請は更に強まる事が予想されます。
しかしながら現時点では、各金融機関が独自に情報収集、研究を行い、独自に対応を実施している部分が多く、その対応に際しては、専門性の課題、検討推進体制の課題、システム対応に関する課題など、多くの課題が見受けられます。

今回の研究会は9月25日と10月22日の2日間にわたり、弊社より先進行の事例を参考に金融犯罪対策の現状をご説明するとともに、ご参加いただいた各行様の態勢・業務の課題を洗い出し、今後の対応の方向性をご参加各行様と弊社とで共同検討致します。

金融犯罪防止の観点からは、複数行が共同で検討を行う事により、今後の法制化等で求められる対応への取り組みが、より効果的なものになると考えています。

JSOLでは、これまでの取り組みを通じ、多くのノウハウを蓄積して参りました。今後、これらのノウハウを活用した、金融犯罪対策ソリューションを提供し、各行の対応へ貢献してまいります。



■株式会社JSOL
http://www.jsol.co.jp/

所在地 東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル
代表者 代表取締役社長 小名木 正也
資本金 50億円
株主 (株)NTTデータ,(株)日本総合研究所
設立 2006年7月
事業内容 株式会社JSOLは、株式会社日本総合研究所から会社分割により設立され2年半、日本総研ソリューションズという名称で製造業や流通サービス業、金融・公共分野のお客様へ最適なITソリューションを提供するべく、ITコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、お客様のIT投資効果最大化に貢献してまいりました。
2009年1月、株式会社エヌ・ティ・ティ・データとの業務・資本提携を期に、株式会社JSOLと社名を変更し、今後、ITのトータル・サービス・プロバイダーとして、より広範かつ高品質なサービスを提供して参ります。

本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

【ご照会先】

一般のお客様
株式会社JSOL 金融公共営業本部 池田・真鍋
TEL:03-5859-6001 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp


報道関係者様
株式会社JSOL 社長室 仙波
TEL:080-3250-4585 FAX:03-5859-6033
E-Mail:rfi@jsol.co.jp

ページトップへ戻る

JSOLへのお問い合わせ

特集

特集SAP

SAP ERPの豊富な導入実績があり、企業の業務改革を総合的にご支援します。

特集Biz∫

人とシステムの融合による業務効率化を目指し、あらゆる企業の変革を迅速かつ確実に実現します。

特集オムニチャネル

コンサルティングからソリューションまでオムニチャネル化に向けた最適なご支援を提供します。

特集JSOLアグリ

農業生産に係る数理計画を中核に、農業生産者の経営指標の見える化と収益拡大を実現します。